りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

お願い、それをやめないで 最終回19話 北大路は一花を置いて海外に行く

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

プチコミック2016年11月号の

お願い、それをやめないでの

最終回19話の感想をネタバレも

含めて書きますね。

 

りょうは19話の予想を2つ書きました。

①お願いそれをやめないで 19話予想 一花は北大路の会社に就く

②お願いそれをやめないで 最終回19話予想 一花と北大路は結婚する

 

 

前回は、北大路は一花に一番初めに

事業を立ち上げたいことを伝えられて

良かったですよね。

 

 

トイレで北大路部長(篤人の兄)と理人(弟)が

北大路(篤人)がイタリアにいることを話して

いるのを聞いたと女性社員は噂しています。

 

女の子たちは北大路にキスまでされて

一花が置いて行かれてかわいそうだと

話しながら出ていきます。

 

トイレから出てきた一花は噂話を

聞いてしまったのです。

 

 

でも一花自身は北大路がイタリアに

行ったことは知っています。

 

でも実際に北大路が会社を辞めて

3カ月が経ち、同僚の女性社員は

北大路がいないことをいいことに

一花に冷たい態度をとっているのでした。

 

一花は北大路に好きだよ

言っていたことを思い出して

頑張ろうと思うのでした。

 

北大路の「好きだよ」という言葉が

一花を3カ月も支えています。

 

 

北大路はイタリアに行ってしまった

のですね。

 

読者のりょうとしてはなんでイタリアに

行かなければならなかったのか気になります。

 

一花は北大路の好きだよという言葉を

思い出して頑張ろうと思えることは

偉いですよね。

 

 

 

一花は佐野さんたちに北大路とは

3カ月も会ってないし、連絡が取れてない

ことを話します。

 

一花は週に1回LINEをしていますが、

返信が来ないってちょっとかわいそう

ですよね。

 

北大路に電話をかけているのか聞かれた

一花は電話をかけても電波状態が悪く

つながらないことを説明します。

 

一花は、部長と理人が北大路のことに

ついて同僚が話しているのを思い出し

理人に北大路に何があったのか聞きますが、

理人は篤人のことは今、どうなっているのか

知らないといいます。

 

理人と部長が何を話していたのか聞くと

山縣社長が北大路に紹介した人たちに

何かあったときは弁護士に連絡するという

話しで、理人は直接、北大路に聞けばいいと

言いますが、一花は理人にも北大路に電話を

かけてもつながらないと説明します。

 

思わず理人は、北大路に彼女ができたのかと

つぶやきます。

 

一花は北大路にまさかそんなことが

あるはずがなく、もっと北大路に連絡した方が

いいのか考えていると、北大路から電話が

かかってきます。

 

 

やっと電話がつながった一花は涙が

あふれ、北大路に私は信じていたと言いますが、

北大路は何のことなのかわかりません。

 

北大路はジャカルタの道にいて

車の渋滞がひどくて向こう側に

なかなか渡れなくて一花に電話した

のでした。

 

一花はインドネシアのジャカルタなのかと

北大路に聞くと、ほかにどこにジャカルタが

あるのかと一花をバカにします。

 

バカにした言い方は一花はなつかしく感じ

うれしくテレてしまいます。

 

一花は電車に乗るということが

北大路にわかってしまい、電話を

切られてしまいました。

 

一花はもっと北大路と話していたいと

思ったのに残念でしたね。

 

北大路は本当は一花を待たせたくないと

考えています。

 

 

 

一花は佐野さんたちが言うように

北大路にもっと連絡をした方がいいですよね。

 

週に1回は少ないとりょうも思います。

 

電波状態が悪いならなおさら

もっとLINEをした方がいいですよね。

 

なんで電波状況が悪いのかも聞いたら

いいのだと思いますね。

 

理人は北大路に彼女ができたかも

しれないと一花に言ったのには

一花を不安にさせてかわいそうです。

 

一花は北大路にバカにされたのは

なつかしいと思いましたが、

りょうはいつの間に北大路が海外に

でかけてしまったのかわからないのもあり

なつかしいとは思いません。

 

3カ月前ということはわかりますが、

なつかしいと感じではありません。

 

 

一花は家で姉とパソコンでジャカルタの

交通状況を検索してみると、横断歩道や

歩道橋がなく交通事故になりやすい

いうことがわかりました。

 

一花は北大路のことを心配していると

姉は一花に北大路の後を追えばいいと

アドバイスします。

 

姉もパソコンを持って北大路の後を

ついていこうとしたのでした。

 

姉に会社を辞めればいいと言われますが、

一花は私のことを北大路に負担させたく

ないから今は会社を辞めれないと思っています。

北大路に会社を立ち上げる邪魔を

したくないとも思っています。

一花は今、佐野さんの専属アシスタントを

しているのが好きだというのです。

 

 

一花は北大路に「待っていますから」

言ったのを思い出し、スマホをぎゅっと

握りしめます。

 

 

 

一花は北大路が会社にいなくて

会えなくても会社を辞めたくないという

気持ちはわかりますね。

 

それほど一花は北大路に会社を

立ち上げるのに集中させたいのですね。

そういう一花の気持ちが大切だと思います。

 

佐野さんの専属アシスタントが

楽しいっていうことも良い感じですよね。

 

 

 

職場の給湯室で一花は間違えて佐野さんの

マグカップを手に取り、寝不足なのかと

聞かれます。

 

ぼーっとしていたという一花に、

理人は今日の会議室の片付け当番は

早く片付けろと言っていたとみんなに

言います。

 

今日の当番は誰なのかと考えていると

一花は自分が当番だということがわかり、

急いで片付けをしに行きます。

 

北大路がいたころは一花は12Fの会議室の

片付けの当番だったことは忘れたことは

ありません。

 

片付けをしながら仕事で北大路の隣に

いたことや、休日出勤したことなどを

思い出し、悲しくなります。

 

理人が急に会議室に入ってきて

まだ終わってないのかと聞かれ

一花はびっくりします。

 

理人はこの前、篤兄に彼女ができたかもと

言って、一花を困らせるつもりはなかった

一花に謝ります。

 

そのことをすっかり忘れていた一花は

理人はもうあんなこと言わないから

しっかりしろと一花を励ますと、一花は

涙が出てしまいます。

 

 

一花は北大路が会社にいたころは

今までミスが少なかったのですね。

 

好きな人がいなくなってミスが多くなった

けど克服してほしいものです。

 

理人は一花にしっかりしろとアドバイスして

かっこよく感じました。

 

 

 

一花は北大路に「待ってますから」と

言って受け身でいるのはやめようと思い

前向きになります。

 

しっかりしなければ北大路に笑われると

思って仕事を頑張る一花は佐野さんも

びっくりするほどです。

 

北大路が帰って来る前に、北大路の大好物の

鰻巻きをもっとおいしく作ろうと大量に

作ったりもします。

 

 

海外事業部で佐野さんとよく一緒にいた

女の子は半年後に結婚するとおめでたいことを

言います。

 

この女の子の名前は誰なのか忘れて

しまったりょうです。

覚えている方、教えてください。

 

 

佐野さんは女の子の結婚式にいい男が

来るのかと言うと、一花は石田さんと

お似合いだと言ってニコニコ笑います。

 

そこに部長が来て、昨日、篤人が交通事故に

巻き込まれた可能性があると弁護士から

連絡がきたと一花に伝えます。

篤人の携帯にもつながりません。

 

一花は姉がジャカルタは交通事故に

合う可能性が高いと言っていたことを

思い出します。

 

思わず一花はショックで膝をつき

倒れこみます。

 

今すぐに北大路のところに行かないと言うと、

部長は急ぐ気持ちはわかるけど、ジャカルタまで

大体8時間かかるし、行くまでに状況が変わる

かもしれないと言います。

 

一花は「前を向いて北大路を待とう」と

決意したことを思い出し立ち上がろうとすると

息切れした北大路が来て封筒を持っています。

 

 

部長は篤人をけがはないのかとゆさぶりますが、

北大路は手の甲に絆創膏を貼っているだけの

けがだけでした。

 

なんと北大路に連絡が取れなかったのは

携帯が故障したからなのでした。

 

弁護士が北大路と連絡が取れないから

北大路が交通事故にあったのかもしれないと

判断したのでした。

 

 

北大路は一花に退職届入りの封筒を

一花に渡すためにきたのでした。

 

2カ月後に会社を立ち上げる準備ができたから

退職届を出して僕のそばにいてほしい

伝えます。

 

北大路から部長(直兄)に一花の退職届を

出しても受理できないと考え、一花の退職届を

北大路が書いたことに一花はぷっと吹き出し

うれしくて涙があふれ、北大路は一花にハグをします。

 

 

2カ月後、一花は買い物をしたパンを持って

歩いていると、男はイタリア語で一花に

カフェに入らないかと誘います。

 

すると北大路は男に、僕の連れだと言い、

追い払います。

 

一花はイタリア語をもっと勉強しようと

言うと、来週から北大路の会社が始まって

忙しいのに、教えようかと言います。

 

そして北大路と一花はキスをすると

横で一花の姉がパソコンをタイピングして

姉がいたことに一花はびっくりします。

 

姉が愉快だという北大路は会社が軌道に

のったら結婚しても、姉がついてくる

だろうなと言います。

 

思わずその言葉に一花は赤らめます。

 

一花はもう一度、言ってほしいと

北大路に言うと、イタリア語で

「もう一度、言ってほしい」と言い、

一花はうれしい困り方なのでした。

 

(おわり)

 

 

最終回はもっとハッピーエンドになって

終わってほしかったと思いますね。

 

なんか意外な終わり方でした。

でも結末が楽しかったです。

 

北大路が一花のために会社に来たのが

感動しました。

 

一花の姉はパソコンを持ってついて来た

ということですが、北大路が今いる場所が

気になりましたね。

日本なのかそれとも海外なのかどちら

なのでしょうか。

 

最後に会社を立ち上げたのか北大路と

一花がパソコンに向かっている姿が

良かったですよね。

一花の笑顔が素敵でした。

 

次の新作が楽しみですね。

 

2017年2月号のプチコミック増刊号の冬号に

如月ひいろ先生の新作の読みきりが掲載される

予定です。

 

最終話についてどう思ったのか

コメントを書いていただければ

うれしいです。

りょうと共感した感想でもOKです。

コメントの返信は遅くなる場合もあります。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • きき♡
    • 2016年 10月 08日

    私はまだ読んでいないのですが、

    こんな最終話だったのか―と思いました!

    りょうさんが予想した、一花が女性社員に

    冷たくされるというのは当たっていましたね!

    それにしても、理人が北大路さんに新しい

    恋人ができたのかもというのはひどいと

    思いました。

    すごく不安になってしまいますよね。

    それに北大路さんがまさか海外で仕事を

    立ち上げるとは思っていなくて驚きました。

    もっともっと私もハッピーエンドが良かったです。

    何だかちょっぴり、すっきりしない感じもありますね。

    でも、北大路さんが一花の退職願を書いたのが面白いなって

    思いました(#^^#)

    ちゃんと迎えに来てくれてよかったですね。

      • Ryou
      • 2016年 10月 09日

      きき♡さん、感想を書いていただき
      ありがとうございます。

      一花が冷たくされるのは当たってうれしいです。

      でも一花にしたら嫌な予想が当たって
      少し微妙な感じです。

      理人は自分に一花が振り向いてほしくて
      篤兄に彼女がいるかもと言ったのかも
      しれませんよね。
      それでも一花がかわいそうです。

      北大路は海外へ仕事を立ち上げたような
      感じですよね。

      最後に一花と北大路はパソコンと
      紙の資料を見ていましたが、
      日本語なのか英語なのか気になって
      しまいました。

      パソコンの文字を打つ時も
      日本語なのかそれとも現地の言葉なのか
      どちらなんでしょうね。

      北大路が退職届を書いたのは意外でしたね。

      りょうは一花は北大路と同じ職場に行くと
      思っていましたが、一花から自分で辞める
      決心をすると思っていました。

      せめて最後に北大路は一花に結婚しようと
      言ってくれるだけでも、ハッピーエンドですよね。

      なんかまだ続きがありそうな終わり方でしたね。

      北大路が一花を迎えに来たのはりょうも
      良かったと思います。

      一花の子供の名前を考えた時間は
      なんだったんだろうとりょうは
      思いました。

      でも何かの機会でプチコミック増刊号の番外編で
      そういうのがあったらいいですよね。

        • きき♡
        • 2016年 10月 10日

        うふふ(*´∇`*)

        思わず笑ってしまいました♡

        一花の子供の名前を一生懸命

        考えていましたよね♪

        りょうさんの予想も本当に読むのが楽しかったです。

        お疲れ様でした♡

        また、いつもサイトで楽しませていただきありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧