りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 最終巻19巻 時雨とキスをして世界が変わる雪菜

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

なかよしに掲載されていた

遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(ばつしな) 原作19巻(最終巻) 」の

感想をメインにしてネタバレも書きたいと思います☆

 

 

バツしな18巻では、雪菜は

自分がユピナだと、ステージで

暴露しました。

さらには、もう活動を休止する

携帯小説を締めくくります。

 

 

時雨は、雪菜がユピナとして

自分との体験を小説の

ネタにしていたことについて

知り動揺しています。

 

 

母親にすすめられ、雪菜の

書いた小説を読み出した時雨。

答えは、雪菜と離れないと

いう気持ちでしたね♪

 

母親は、時雨が無理をして

良い子にしていることに

気がついており、もう無理は

しなくても良いと伝えました。

 

今まで、優等生の顔しか

見せていなかった父親に

時雨は、素の自分を出しましたね。

 

そして、父親に雪菜を悪く

言うのは許さないと言い、

雪菜を追いかけました。

 

時雨は、やっと父親の前でも

仮面を外すことができましたね!

雪菜は、家には戻っていないようです。

 

雪菜がユピナだと知り人が

自宅に押し寄せていて、大変

なことになっていますね。

 

騒ぎから妻を守う雪菜の

父親がとても素敵でした(#^^#)

雪菜の両親も、時雨の両親も

本当にラブラブで素敵ですよね。

 

 

一方、マミはひーくんに

助けてとメールをしてきました。

行ってみるとそこにはマミでは

なく、晶がいます。

 

雪菜を脅したことを許さないと

言い、晶はマミにひどいことを

すると、ひーくんを脅します。

 

晶…なんかキャラ変わりましたよね。

もともと、腹黒いところはあった

ようですが、おとなしい感じ

だったのに、今はすっかり男って

感じがします。

 

ひーくんが昔したように、

マミをある場所に1人で待たせ

ていると、晶は伝えます。

 

ひーくんは、自分でいじめるのは

かまわないけど、他人に傷付けら

れるのは絶対に嫌でしょうね。

 

思い当たるところを走り回り

必死にマミを探すのでした。

ひーくんにとって、やっぱり弱点は

マミなのですね。

 

マミと再会できたひーくんは

実はマミは晶と交際しておらず

ひ―くんの暴走を止めるための

演技だったと言います。

 

マミと晶のおかげで、ひーくんは

人を利用したり脅す卑怯な

ことを辞めることができそうですね。

 

雪菜を見つけに遊園地にきた

時雨でしたが、見つけることが

できません。

 

雪菜は探しに来てくれた

時雨の姿に気がつきます。

雪菜は眼鏡を踏まれ壊れて

しまいましたが、眼鏡なしでも

時雨のもとに走ります。

 

雪菜は、時雨のためなら眼鏡が

なくても頑張れたのですね。

愛の力はすごいと思いました。

 

そして、雪菜と時雨はキスをしますが

雪菜にとって、小説のリリアと

同じように、世界が溶けて

やわらかでキラキラな世界に

変わったように感じるのでした。

 

時雨も雪菜が小説を書くことを

辞めないで良いと言ってくれて

いますし、ミッションにも協力

続けていますね(#^^#)

 

新しい小説を書き始めた

雪菜でしたが、設定は新婚夫婦。

ひーくんの計らいで、別荘に泊まる

ことになった時雨と雪菜は新婚ごっこを

楽しみます。

 

中学の卒業式で代表として

話す用意をしている時雨を

見ていると雪菜は寂しくなって

しまったようですね。

 

甘えたり、寂しがる雪菜

とっても可愛かったです(#^^#)

 

晶は、まだ雪菜を忘れることは

難しいようですが、マミは晶の

心の変化を待つようですね…

 

そしてひーくんはマミの

心が自分に向くように頑張る

ようです。

 

恋愛は難しいこともありますが

今はマミも、ひ―くんも、晶も

みんなそれぞれ前向きで

素敵だとみーちゃんは思いました。

 

 

みーちゃんは、19巻の後のカップル編

書いていますよ(#^^#)

高校生になっていますので

さらに面白くなっていきそうですね!

 

ドラマの感想も書きたいと思って

います。

ドラマをより楽しむために

原作1巻の記事から振り返ってみても

良いでしょう♪

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧