りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 17巻 時雨が携帯小説苦手だと聞いて泣く雪菜

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

なかよしに掲載されていた

遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(ばつしな) 原作17巻 」の

感想をメインにしてネタバレも

書きたいと思います☆

 

 

バツしな16巻では、ひーくんに

雪菜がユピナだとバレて

しまいましたね!

しかもそれを、利用しようと

考えているのが怖いです!

 

晶が告白の返事をするとマミを

呼び出しましたがいったい何て

いうのでしょうか?

 

 

モデルとして一歩踏み出した

晶は、髪形を変えてくれたり

背中を押してくれたマミに対し

感謝しているようです。

 

もしかして、自分の気持ちは

まだはっきり決まってないのでは

ないでしょうか?

 

きっと、返事は先延ばしするのでは

ないかとみーちゃんは予想しています♪

 

雪菜はひーくんに脅されていますが

マミへの恋心を使い対応しようと

考えたようです。

 

時雨の制服を着て学校に

くるようにひーくんに言いました。

しかし、逆に雪菜のほうがひーくんに

振りまわされてしまいましたね。

 

 

記憶を上書きすると言って

小説を同じことをするように

雪菜に指示を出すのです…

 

 

まるで雪菜が時雨にしていた

ミッションと同じようですね。

今後、エスカレートしていきそうで

ドキドキしますね…!

 

雪菜は、自分のことをもっと

時雨に知ってもらおうと考えます。

 

時雨に自分がお話を考えることが

好きだと伝えると、キラキラしていて

良いと言ってもらえました。

 

雪菜は、涙をぽろぽろ流します。

お話を作るという趣味を認めて

もらえたようで嬉しかったのですね。

 

 

でも携帯小説のバトルのことが

放送されているのを見た時に

時雨は携帯小説は少し苦手だと

言うのでした…。

 

 

ユピナであることを明かそうとした

ときだったのに、雪菜はショックを

受けてしまいました。

 

時雨が読んだのはドルチェの

作品でしたが、「ラブがすごった」

いうのです。

 

携帯小説を「嫌い」といったわけでは

ありませんでしたが、雪菜は

そう受け止めてしまったのですね。

 

みーちゃんが思うに、きっと

時雨は勉強を頑張りたいのに

携帯小説を読むと、ラブを目にします。

 

 

すると、雪菜を思い出してしまい

勉強に集中できないのでは

ないでしょうか?

だから「苦手」だと言ったのでは

ないかと思います。

 

ひーくんは次のステージを用意

することを考えていましたね。

 

次のステージは何だろうかと

みーちゃんは疑問に思っていましたが

なんと、ドルチェとユピナの対談でした。

 

ドルチェとの対談なんてドキドキ

しますよね。

顔出しで放送されたら、雪菜の

正体がバレてしまうと思いますが…

 

 

それに、時雨の母親もユピナの

ファンなので、公開収録に行きたいと

思っているようです。

 

ドルチェは、かぶり物をして

顔を見せていませんが、雪菜は

どうするのでしょうか?

しかも雪菜はまだ、ひーくんが

ドルチェと気がついていませんね。

 

時雨の母親が来るとなると

時雨もきっと、付き添いますよね?

いくら隠していても、ひーくんの声や

雪菜の姿を見たら、気がつくと

思います!

 

病弱なお母さんなので、時雨が

1人で行かせるわけもないですし…

 

次回は、どんな展開になるのでしょうか?

雪菜がユピナだと全国にばれてしまう

のでしょうか?

 

自分が小説のモデルにされていた

知った時雨はどういう心境になるの

でしょうか?

みーちゃんなら、ふたりの記録の

ようで、嬉しいかもしれないな(#^^#)

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧