りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 10巻 時雨と晶のデート対決!

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

なかよしに掲載されていた

遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(×しな) 原作10巻

感想をメインにしてネタバレも

書きたいと思います☆

 

 

バツしな9巻では、雪菜は

先生に失恋してしまいました。

雪菜は小説を書きたいと思いますが

先生のことを考えるとなかなか

書くことができません。

 

 

時雨に、先生を忘れさせなさい

ミッションを出します。

 

時雨は、自分の部屋に雪菜を

連れて行きますが、雪菜が

心の中で先生の部屋と比べて

しまっているのがバレましたね。

 

時雨は、雪菜が無防備すぎる

ことにドキドキしつつ腹立たしく

感じているようです。

 

そして、雪菜に本気で好きだと

告白をしてしまうのでした。

時雨は最初のころからすると

本当に変わりましたねー!

 

雪菜にどんどん振り回されている

感じがとっても面白いです。

そして、マミは晶に優しく

してもらうことが多いですね。

 

マミは人が苦手なのに、晶だけは

平気だったり…

 

それに、時々きゅんとしたり

ドキドキしているところを

見ると、晶のことを好きに

なりそうな予感がします!

 

マミは晶を応援したくて

綺麗な顔が見えるように

美容院でカットしてもらいました。

 

イメチェンした晶は、学校でも

話題になりましたね。

 

ふいに写真を撮られスカウト

されてしまうくらい、晶は

顔を出すことで変身しました。

 

スカウトされたのは、モデルですが

その話も前向きに考えて

いるようですし…

 

亡くなった母親がモデルを

していたということで、

美形なのは、母譲りだったの

ですね(#^^#)

 

 

今回は、もっとラブを知り

小説を書き進めたい雪菜が

恋人になれと命令します。

 

でも、晶と時雨どちらを恋人に

選べばいいのかわかりません。

悩んだ結果、仮の恋人として

2人とデートをし決めることに…

 

この乙女ゲーのような流れが

すごく面白かったです。

意外だったのが、時雨は

彼女になると簡単に手を出さない

硬派ということでした。

 

 

触れてほしいのに、ミッションじゃなく

恋人なら簡単にさわれないと言う時雨。

意外とまじめなのですね(#^^#)

 

そんな時雨の様子に、拒否されている

感じた雪菜は心が痛みます。

涙をうかべ次のデート相手の

晶のもとに行ってしまうのでした。

 

 

晶のデートもかなり意外でしたね。

マミに相談してデートコースを

決めたようですが…

 

雪菜は晶に手を握られると

「安心する」と言います。

男として見られていないと

感じた晶は、雪菜にさわりまくり

暴走気味ですね。

 

雪菜が晶から離れたすきに

マミがこっそり、そんなに

強引にしたら嫌われると助言

しました。

 

でも、マミに対してもう帰って

良いと、冷たくあしらう晶。

マミは反撃してキスを迫ります。

 

晶は、雪菜ちゃんしかいらない

言って振りほどき、マミは

晶にビンタしました!

 

晶は、思っていたより強引で

男っぽいですよね。

今までは、雪菜に優しくする

ばかりでしたが、信頼を

壊してでも恋人として

見てもらいたいと思っているようです。

 

マミは、晶にビンタした後

泣きながら走り、転びます。

そこに現れたのは「ひーくん」

という男の子でした。

 

小説サイトでの現在1位で

ライバルでもあるドルチェ。

雪菜にメールをしてきましたが

なんだか挑発的でしたね。

 

しかも、サイトの企画として

ドルチェとユピナの対決が

決まったようですし…

今後、ドルチェがどんどん絡んで

来ることになりそうですね。

 

 

雪菜はドルチェを女だと思って

いるようですが、みーちゃんは

マミに声をかけたひーくんと

いう男の子がドルチェかな?

思っています。

 

マミが怖がっていましたので

ひーくんは、マミにとっては

あんまり好ましくない人物なの

でしょうか?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧