りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 8巻 雪菜の初恋の相手は先生だった?

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

なかよしに掲載されていた

遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(ばつしな) 原作8巻 」の

感想をメインにしてネタバレも

書きたいと思います☆

 

 

バツしな7巻では、雪菜の小説を

マミが読み始めましたね!

作者ではなく、この本を真似して

行動しているのだと思っている

ようです。

 

でも、次第にマミは小説に疑問を

感じ始めましたね。

 

小説と同じようなことが自分の

周りで起こりすぎてる…

晶は、勘づきそうなマミの気を

そらそうとしています。

 

弱点を治そうとしてくれている

時雨でしたが、ミッションは

時雨を眼鏡なしで捕まえること。

 

なかなか、つかまえることが

出来ずに他の男子高生とぶつかり

雪菜は声をかけられてしまいます。

 

とっさに、雪菜とキスをして

いるふりをする時雨。

キスをしたのかと、みーちゃんも

ドッキリしてしまいました!

 

しかも、どうせしないくせにって

雪菜が言うと、時雨はしたいと

いうので、ドキドキ…

 

雪菜の弱点が治ったらご褒美に

キスをすることになってしまい

ましたね。

 

弱点といえば、時雨は父親から

電話がかかってきたときに

笑顔の仮面のような表情でした。

 

雪菜は、父親に対してそんな

顔で対応をしている時雨に

違和感を感じましたね。

 

時雨の父親は実の親では

ないと言うので、なにか事情が

あるのかもしれません。

 

小さいころから、大人にとっての

良い子を演じてきて、偽物の

笑顔を顔に張り付けてきた時雨。

 

雪菜も、時雨の作り物の笑顔には

なにか深い理由や心の傷が

あるのかもしれないと思います。

 

 

今回は、雪菜が自分の目つきの

ことがトラウマになった幼稚園の

先生とばったりと会って

しまいましたね!

 

雪菜は、先生に話しかけられて

怖くなってしまいます。

信頼していた先生が実は

裏で自分の目つきについて

陰口を言っていた…

 

それが雪菜のトラウマです。

晶が駆けつけて、先生から

雪菜を守ってくれました。

必死な晶もかっこいいですね♪

 

でも、実は雪菜自身も気が付いて

いなかっただけで、先生への

気持ちは「初恋」だったようです。

 

雪菜は、ラブがわからないと

言っていましたが、小さいころは

恋をしていたのですね。

 

先生に目つきのことを影で

言われるのは、そこまでトラウマに

なるなのだろうか…とみーちゃんは

少し疑問だったのですが

これで納得できました。

 

初恋をしていた雪菜はきっと

その時に失恋も体験して

しまったのですね。

 

何より、自分の欠点である

目つきを先生も快く思っていないと

知ってしまったのがトラウマに

なってしまったようです。

 

自分の気持ちを確認するために、

雪菜は幼稚園に行き先生と

接するようになりました。

 

そして、初恋についてマミに

相談もしています。

 

マミは、初恋がトラウマだったら

恋愛をしたくなくなるかも

知れないと教えてくれました。

 

雪菜とマミって、すごく良い

友達のように見えますね(#^^#)

一応ライバルなはずですが

日に日に仲良くなっている

気がします(笑)

 

晶も雪菜の初恋が先生だと知り

かなりショックを受けています。

 

時雨も、先生に会ったことがありますが

自分と同じように偽物の笑顔を

張り付けた先生に対し、イラつきます。

 

先生に会いに行くと言う

雪菜を引き止め、なぜか涙が

出てしまう時雨。

時雨の弱いところも可愛いですね♪

 

雪菜にたくさん、キスで自分の

印をつけて、ようやく解放して

くれました。

 

時雨の跡をつけたまま雪菜は

先生に会いに行きますが、

先生は雪菜のあざを見て、心配

してしまいます。

 

これは、どうなんでしょうね?

心配しているふりなのかな?

先生は裏表がありそうなので

雪菜が傷つかないか心配ですね…。

 

 

8巻の最後のほうに、雪菜が

ユピナというハンドルネームで

書いている携帯小説が漫画になって

登場していましたよ(#^^#)

 

「悪魔でリフレクション」という

漫画でしたが、登場人物が

雪菜や、時雨、晶をモチーフに

しているので面白かったです。

 

9巻にも、悪魔でリフレクションが

掲載されていると良いな♪

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧