りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 3巻 雪菜は時雨とデートする

スポンサーリンク

こんにちは。

りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

なかよしに掲載されていた

遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(ばつしな) 原作3巻 」の

感想をメインにしてネタバレも

書きたいと思います☆

 

 

バツしな2巻では、いとこの晶が

雪菜に好きだと言って抱きしめ

ました!

 

晶はけっこうかっこいいし

雪菜のことを一途に想って

いるようなので、このまま

男として見ることができるように

なると良いですね(#^^#)

 

 

晶は、これは愛の告白だから

恋愛を教えてあげると雪菜に

言いました。

 

晶は可愛すぎるというか

ソフトな感じなので、男っぽく

ないですよね。

北見時雨とは正反対な感じが

します。

 

小さいころに、親を亡くし

雪菜に精神的に支えてもらって

いた影響もあるのでしょうか。

 

すかさず、晶のような存在を

携帯小説に登場させ反映させます。

すると、2位だったランキングが

1位に戻りました!

 

体験をもとに、小説を書く

いうのは、共感を得やすい

のかもしれませんね。

 

しかも、晶は時雨に敵意むき出しで

自分が恋愛を教えるからお前は

用済みだと時雨に言っていますし…

 

リアルで三角関係になって

きて面白いですね(#^^#)

この三角関係を美味しいと思った

雪菜は、ミッションを伝えます。

 

ミッションは雪菜を2人で

取り合えというもの。

時雨は好きでもないやつを

取り合いたくないと突っぱねますが…

 

好きじゃないと言う言葉

聞いて、雪菜はとっても悲しい

顔をしましたね。

 

いつも、強気な雪菜がこんな

寂しそうな表情をすると

時雨もキュンとしてしまうのでは

ないでしょうか?

 

しかも、晶が雪菜の家に

泊まりに行くと聞いて、時雨は

かなり動揺しているようです。

 

時雨は自分が雪菜を好きだと

気が付いていないのでしょうか?

雪菜も時雨も両想いに見えます

自分の気持ちには疎いですよね。

 

雪菜に向かって、俺を好きに

させると時雨は宣戦布告します。

雪菜の次のミッションは、

デートをして好きにさせてみろ

いうものでした。

 

 

時雨は、晶が雪菜の家に

泊まるのを止めたくて

一生懸命なのが可愛いですよね。

 

挙句の果てに、帰さなければ

一緒に泊まらないですむ…

考えたようです。

 

公園で時間をつぶし帰らないように

するなんて、子供の家出のようで

かわいいですね♪

 

晶が、迎えに来て雪菜は

連れて帰られてしまいましたが…

そして、晶のアタックに雪菜も

ドキドキしてしまい…

 

雪菜は晶を一人の男として

見ることを宣言します。

好きという気持ちを教えてみろ

晶に言うのでした。

 

そして、時雨にも変化がありましたね。

時雨の幼なじみの水野マミが

登場しました。

 

時雨はいつも他の人の前では

仮面をかぶっていますが、

マミの前では素のままです。

 

そんな2人の様子を見てしまった

雪菜は、胸が痛くなってしまいました。

 

これは、嫉妬ですよね(#^^#)

胸が痛いと保健室に駆け込む

雪菜が可愛かったです!

 

マミは可愛くて病弱で、典型的な

アイドル的存在です。

時雨ともお似合いだと周囲も

認めている仲でした。

 

最初はヤキモチで胸が痛くなった

雪菜でしたが、幼なじみを

助けるうちに恋が芽生える…

そんな典型的、ベタな過程を想像し

時雨をつまらない男だと感じます。

 

一気に気持ちが冷めた雪菜は

もう時雨は用済みだと言い

ミッションを命じることも

今後はやめると伝えました。

 

一気に時雨に対する興味が

なくなってしまったようですね。

時雨は自分の意志で雪菜を

好きにさせると言います。

 

今まで雪菜に振り回されて

きましたが、脅迫されなくても

雪菜を心をつかみ、振り回すと

宣言するのでした。

 

雪菜と時雨が仲良さそうにして

いるところを、マミは見てしまい

ましたが、そっと去りましたね。

 

マミは何を考えているのか

わかりにくい女の子ですよね。

時雨の女の子バージョンのような

かんじなのでしょうか?

 

マミが、雪菜に話があると

近づいてきましたが、いったい

何を話すつもりなのでしょうか!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧