りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 4話 雪菜がメガネをかけている理由

スポンサーリンク

こんにちは♪りょうです(*^_^*)

 

なかよしに掲載されていた遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(ばつしな) 原作4話 」の

感想を主にしてネタバレも少し書いていきます。

×しな1巻には、1話~4話が掲載されています。

 

バツしな3話では、北見くんは雪菜の

弱点を探るのに必死でしたね。

 

雪菜の弱点がわかった時雨は、

雪菜の目がへのへのもへじなのか

面白がって雪菜の顔をじっと見つめます。

 

もしかして時雨は雪菜をじっと見つめる

ということは、雪菜のことが好きなのでは

ないでしょうか。

 

好きじゃなかったらじっと見つめる

ことはできませんよね?

 

雪菜は震えながら目を見られるのが怖いと

真面目に話しているのに、時雨は威張って

いる割には、ダサいと吹き出してしまいます。

これは雪菜にとって失礼ですよね。

人の弱みを笑うなんてひどいです。

 

時雨は、次に命令したらメガネを外してやる

と、強気な態度に出ます。

 

朝礼で話す予定の北見くんに女子は

馴れ馴れしくしてびっくりですね。

 

女子が北見くんに雪菜から離れた

方がいいと言っているのに、なぜか

北見くんの方から雪菜に近づいていき、

ゴミがメガネについているという嘘をついて

メガネをさわるなんてかわいそうです。

 

確か時雨は、次に命令したときに

メガネを外すと言っていたはずなのに、

雪菜は一言も時雨に声をかけてないのに

雪菜からするとショックですよね。

 

面白がっている時雨の姿が

晶の目には嫌な感じに見えているようです。

 

 

北見くんからの嫌がらせで雪菜は

女子トイレに逃げ込み、

弱点を他の人に見られたくない雪菜。

 

雪菜は以前、男性に目つきを直した方が

いいよと言われたことがあって、

メガネを外されるのが弱点になって

しまったのでした。

 

メガネをしてない雪菜の方がかわいいと

思うりょうです。

 

雪菜は目つきを直して、朝礼に行こうとすると

女の子2人がユピナの小説はハグし合って

ドキドキしたけど、ハグした同士が好きという

気持ちが伝わってこないと言われて、

雪菜はショックですね。

 

雪菜は北見くんを本気で好きではないし、

北見くんも同じで、雪菜のことは好きじゃないから

読み手に取って、雪菜の想いが伝わらないのは

つらいと、りょうも思います。

 

 

晶に無理矢理に恋愛小説を書かなくてもいいと

言われましたが、それでは雪菜は納得しません。

晶は雪菜の乙女心がわからないのですね。

 

朝礼で挨拶している北見くんですが、

雪菜は今まで北見くんとの想い出を忘れようと

努力しますが、胸がキュンキュンするのですね。

 

雪菜はこの気持ちがわからないようですが、

きっと時雨のことを好きになってしまった

のだと、りょうは思いました。

 

 

放課後、雪菜は玄関で北見くんが来るのを

待ち伏せして、雪菜は本当に北見くんと

恋愛したいと思っていたのですね。

雪菜はちゃんと返事をしていますし、

それが本心なのですね。

 

それなのに北見くんにメガネのことを

聞かれたので、あられ幼稚園に通って

いたときに、男性の先生に雪菜の目つきは

将来、痛い目に合うというのを聞いてしまって

以来、雪菜は自信を無くしてしまったのでした。

 

雪菜は理由があるから目つきのことが

トラウマなのでお母さんにメガネをかけて

雪菜は自信がついてこれたのですね。

 

りょうも小さいころのトラウマだったことは

ありますが、もう小さいころの嫌な思い出は

全て捨てました。

あえていうなら良い思い出だけ残してあります。

というか小さいころの過去のことは

一切思い出したくはないりょうです。

 

雪菜の幼稚園児の赤らめている表情

かわいくてきゅんとしたりょうです。

 

雪菜はメガネを外してから北見くんに

「私に本当の恋を教えてくれ」という

4つ目のミッションを出しましたが、

本当に人にお願いするなら、頼み方を

もっと丁寧にした方がいいと思うりょうです。

 

晶は、雪菜が時雨に告白をしたのを

聞いてしまい、雪菜のことが気になるのですね。

気になるということは、雪菜のことが

好きなのではないでしょうか。

 

晶の素顔が初めて見れましたが、

男の子なのにかわいくてハンサムな

顔つきをしていますね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧