りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

バツしな(わたしに××しなさい) 3話 雪菜の弱点が明らかに・・・!?

スポンサーリンク

こんにちは♪りょうです(*^_^*)

 

なかよしに掲載されていた遠山えま先生の少女漫画

「 わたしに××しなさい!(×しな) 原作3話 」の

感想を主にしてネタバレも少し書いていきます。

ばつしな1巻には、1話~4話が掲載されています。

 

バツしな2話では、北見くんは雪菜にハグを

しましたね。

ハグをされた雪菜でしたが、次に、キスを

しなさいという命令をしたのでした。

 

時雨はうそじゃないのかと聞きますが、

雪菜は本気の目つきをしていて

雪菜の方から時雨にキスしようとしたところ

廊下から女子2人に見られてしまい、中断します。

 

雪菜は舌打ちをしてしまうほど

ガッカリだったのか、時雨を突き放しましたね。

 

時雨は顔を赤らめているところを見る限り

そんなに嫌そうに感じないりょうです。

 

 

女子にどうしたのか聞かれた北見くんは、

女子に雪菜のしたことについて話すようですが、

口がニヤついていますので、北見くんは悪だくみを

考えているように感じるりょうです。

 

雪菜は晶にどこへ行っていたのか聞かれて

もう少しでケータイ小説のネタができた

話しますが、晶はなんのことなのか

さっぱりわかりません。

やっぱり晶は雪菜の目の前にいるときは

何かを食べている傾向にありますね。

 

雪菜は男子にキスされた後のことを

想像してわからないまま家に晶も連れて帰ります。

 

雪菜の母と父は、食べ合いっこして、

仲が良さそうですね。

 

雪菜は思い切って母と父に、キスはどんな感じ

なのか聞くと、母は飲み物をブーッと吹き出して

しまうほど、ブルブル震えてしまいます。

 

晶も、雪菜が「キス」という言葉を発したこと

気になるのですね。

晶はもしかして雪菜のことが好きなのでは

ないでしょうか。

 

 

雪菜は登校すると、下駄箱にあるはずの上履きがなくて

教室にも探しに行きます。

 

男子2人は、雪菜が時雨に強制的にキスを

しようとしたと言い、晶は動揺している

感じですね。

 

雪菜は教室の自分の席に行くと、机の上には、

キモイなどと書かれた落書きや雑巾などがあり、

しかも雪菜の体育着も教科書もありません。

これはひどいと思うりょうです。

 

机自体は雪菜の物ではなくて、学校の物ですし、

この状態を鬼田先生が見たら、びっくりすると

思います。

 

いつの間にか雪菜の周りには、女子たちが集まって

北見くんがかわいそうとか、無理矢理はひどいという

コソコソ話をします。

 

そして、女子5人で、雪菜を屋上に連れ込みます。

島田さんは雪菜の胸ぐらをつかみ壁に追い込むと、

雪菜は島田さんをじっと見つめます。

 

雪菜は女子の島田さん、佐藤さん、三木さんなどの

秘密情報を堂々と言って、女子はそんな秘密は

どこで手に入れたのか聞きますが、雪菜は

教えてくれません。

 

りょうは多分、雪菜がケータイ小説をしているので、

島田さんたちは、そのユピナに相談のメールか

レターを送っているから雪菜はわかったのだと

思いました。

 

それにしてもやっぱり女子たちの様子が

おかしいと思ったら北見くんの仕業だった

のですね。

女子みんなで雪菜に言い寄ることで雪菜は

怖気づいてしまうかと考えていた北見くん

ですが、雪菜の秘密情報により女子たちは

圧倒されてしまうのでした。

 

北見くんは雪菜の弱点はないのかと思われた

のですが、なんと雪菜は体育着が入っている

ものの中に決して見られたくないものがある

つぶやきます。

 

それを聞いていた北見くんは体育倉庫に行き、

雪菜の体育着が入ったものを見て、雪菜の

弱点がわかるのかと思ったら、雪菜のわなに

はめられて、北見くんは雪菜の体育着を

物色しているところを、雪菜に写メを撮られて

しまうのでした。

 

北見くんは、雪菜の情報を女子たちに

うその情報を与えてしまったからバチが

当たったのかもしれませんね。

 

 

雪菜は北見くんに足ドンをしましたが、

足ドンした角度が気にならないのでしょうか。

 

雪菜は改めて北見くんに「わたしにキス

しなさい」という命令をして、北見くんは

雪菜に目をつむってもらいます。

 

そして口づけをするかと思った雪菜ですが、

北見くんは雪菜のほっぺたにキスをしたのでした。

ほっぺたにキスでしたが、北見くんが雪菜に

キスした仕草がキュン死してしまったりょうです。

すねていた雪菜が可愛かったです。

 

雪菜はほっぺたじゃなくて口にしてほしかったと

怒鳴り、北見くんはメガネが妨げになっていて

雪菜のメガネを取ろうとして、雪菜はメガネを

外されるのが嫌なのですね。

 

メガネを外されて雪菜は震えながら顔を隠して

北見くんは、雪菜の弱点は、メガネを外されるのが

嫌だと気付いたようです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧