りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

青夏 Ao-Natsu 6巻 キスしたい理緒と断る吟蔵

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

別フレに連載していた

南波あつこ先生の少女漫画

「 青Ao-Natsu夏 6巻 」の

感想をメインにしてネタバレも含めて書きます。

6巻には24話~28話が収納されています。

 

青夏の映画化が2018年8月に

公開予定です。

きっと、キュンキュンする内容に

なると思います!

 

 

青夏5巻では、夏休みの間は一緒に

過ごそうと決めた理緒と吟蔵。

夏休みも、あと半分をきりました。

どんな展開になるのでしょうか!

 

 

今回は、とにかくキスがテーマでしたね!

店番をしている吟蔵にお好み焼きを

作りに行った理緒。

 

2人きりですし、なんだかいい雰囲気で

キスをするかと思ったら、しませんでした。

キスしたい理緒と、手を出すのを自分に

禁じている吟蔵…

 

好きだからキスしたいという理緒の

気持ちもわかりますし、簡単に

手を出すわけにはいかないという

吟蔵の誠実さもどっちもわかります!

 

理緒は、少しでもいいから吟蔵との

思い出を作りたいのですよね。

 

キスをしてくれないなら

自分からしてやるって勢いの

理緒の切羽詰まった感じが

すごくかわいかったです。

 

理緒は、キスをしてくれないのは

吟蔵が自分のことをあんまり

好きじゃないからだと思っています。

 

逆に、この夏の間しか一緒にいることが

できないかもしれないので、吟蔵は

安易なことはしてはいけないと

考えているようです。

 

吟蔵は、好きだからこそ

手を出さないという選択をした

のですよね…

 

吟蔵のまじめさに、みーちゃんはびっくり

してしまいましたよー!

普通は男子のほうが、キスしたり

もっと先に進みたいって思いそうです(#^^#)

 

でも、本気で好きなら手を出せない

聞いたこともあるので、そういうこと

なのでしょうか…?

 

しかし、キスしないなんて言わなきゃ

良かった…という素直な発言も

ありましたので、吟蔵自身

相当な我慢をしているようです。

 

ただ、吟蔵は頑固そうなので

自分が決めたことは貫きそうですね。

そういえば、上湖祭りの出し物で上映する

映画が完成しました!

 

映画をアピールするフライヤーや

ちらしを、吟蔵が作ることに

なりましたね!

 

理緒が提案して、勝手に吟蔵に

ふりましたが、吟蔵は戸惑いつつ

やる気になっているようです。

 

吟蔵なら誰より上手に作れると

思いますし、なにより吟蔵自身が

一生懸命になりそうですよね。

 

こういうきっかけを作った理緒は

すごいですね♪

実際ポスターを見て興味を持つ

人もいると思いますし、いいアイディアだと

思いますよ(#^^#)

 

 

理緒は、本当に吟蔵が作るデザインが

好きなのでしょうね。

吟蔵の作品を褒めるときの表情や

言葉がいつもストレートで素敵です。

 

吟蔵も、理緒の誉め言葉や感動して

くれる表情に、嬉しくなってしまう

ようですね。

 

みんなで海に行った時に、渡した

名刺がダサいと言われて、男性に破られて

しまいましたが、理緒が反撃をして

かっこよかったです。

 

理緒は東京に住んでいて色々な

ものを目にしていると思いますが

そんな理緒が素敵だと思う吟蔵の

作品は、ダサくなんてないですよね。

 

その男性は、吟蔵がモテるから、気に

食わなくて名刺に八つ当たりした

でしょうね。

 

映画「さくらんぼロース」のちらしを

作成する吟蔵は真剣で、みーちゃんも

とてもかっこいいと思いました。

 

2人きりになったときに、理緒を

抱きしめてしまった吟蔵でしたが

手を出さないと決めているだけに

つらそうですね。

 

あと10日程度しか夏休みは

ないのですし、上湖祭りがあるのは

もう熱休みが終わるころです。

 

みんなで、映画を盛り上げていく活動は

とても楽しそうですが、お祭りが終わった後

がっくりと寂しくなりそうですね。

 

ただでさえお祭りが終わるときって

寂しいのに、理緒は上湖村を去らなくては

行けませんからね…

 

そうそう!

海のシーンで、吟蔵が「俺が東京に行ったら」

と切り出しましたが、理緒は遊びにくると

勘違いしたようです。

 

もちろん遊びに来るかもしれませんが

吟蔵は、そういう意味で言ったのでは

なさそうでしたね。

 

でも、言葉にした後ハッとしたのか

そのあとは、口にしませんでしたが

気持ちのどこかで、夢を追いたいという

欲がわいてきているのではないでしょうか!?

 

吟蔵は恋愛も夢も、どちらも

制限しているように感じます。

 

なんだか、常に我慢する選択ばかりで

吟蔵はつらくないのでしょうか?

諦めてばかりでいいのでしょうか…

吟蔵の今後も気になります!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧