りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

青夏 Ao-Natsu 5巻 花火大会で理緒は吟蔵に再告白

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

別フレに連載していた

南波あつこ先生の少女漫画

「 青Ao-Natsu夏 5巻 」の

感想をメインにしてネタバレも含めて書きます。

5巻には19話~23話が収納されています。

 

青夏の映画化が楽しみです♪

みーちゃんの大好きな夏が

鮮やかに描かれている漫画なので

素敵な映画になるといいな~(#^^#)

 

 

青夏4巻では、菅野くんが理緒に

告白しましたね。

返事は東京に戻ってからでいい

言っていましたが…

 

菅野くんの出現のおかげで、吟蔵は

理緒に対する気持ちが燃え上がった

ようですし、東京から友達が来たもの

楽しいひと時でしたね。

 

今回は、理緒の母親と吟蔵の

父親のエピソードが少し描かれていて

かなり面白かったです。

 

吟蔵の父ジョニーは、理緒の母親が

好きだったのですね(#^^#)

血は争えないな~と思ってしまいました。

 

ジョニーはかなり、ワルだったようで

求愛されまくり、迷惑していたようです。

ジョニーと付き合っていると誤解されたり

彼氏も友達もできないくらいだったのですね。

 

ジョニーがいるから、上湖村では

恋も青春もできない!

そう思った理緒の母親は、東京に

行ったそうです。

 

東京で恋もして、仕事も大成功したので

ある意味ジョニーのおかげだだったのかも(笑)

 

なんだかんだ言いながら、今は友人として

語り呑む仲にもなり、ジョニーも

良かったですね(#^^#)

 

ただ、初恋だった理緒の母親が

東京でほかの男と結婚して

しまったとジョニーが話した時に

吟蔵は少し考えるところがあったのでは

ないでしょうか。

 

夏休みが終われば、理緒は東京に

戻ってしまうわけですし、理緒は

他の男にモテるのも、実際に見ていますし

複雑な気持ちですよね。

 

吟蔵に誘われて、花火大会に行きましたが

理緒の浴衣姿可愛かったですね。

 

理緒の母親は、娘の気持ちをちゃんと

汲み取っていつもさりげなくフォロー

してくれるところが素敵だと思います。

 

理緒の浴衣姿を見て、吟蔵が照れて

不機嫌に見えるところもすごく

初々しくて良かったです。

 

吟蔵の不器用なところ可愛いですよね!

デザインの素材を撮影するという

理由で、理緒を花火大会に誘ったわけですが

人気のないところで、言った言葉に

みーちゃんは、ときめきました!

 

本当は、花火の写真を撮ることなんて

どうでもよくて、理緒と一緒に

来たかったという吟蔵の言葉は

好きという気持ちあふれています。

 

思わず、理緒も夏休みの間だけでいいから

付き合おうと言いました。

 

好きな気持ちはどうにもならないのだから

せめて、夏休みの間だけでも

一緒に過ごしたいですよね。

 

吟蔵は、聞こえないふりをしましたが

本当はばっちり聞こえていましたし…

この、自分の気持ちにブレーキをかける

吟蔵の様子が見ていて切なかったです。

 

 

都合のいいことを考えたらだめだ…とか

色々吟蔵の中で、葛藤があるのでしょうね。

いずれ離れてしまう人と、付き合うのは

絶対につらいでしょう。

 

理緒を見送る立場なので、吟蔵も

悩んでしまうのだろうな…

みーちゃんが吟蔵の立場なら

やっぱり躊躇すると思います。

 

思い出を作るのは楽しくても

失ってからどんどんつらくなって

しまうので、それなら最初から手に

入れないほうが良いとみーちゃんは

思ってしまうタイプです。

 

結局、好きな気持ちは止められず

夏休みの間一緒にいようということに

なりましたが、これもまた

楽しければ楽しいほどつらさが増して

いくパターンなのだろうな…

 

花火大会で、理緒のために吟蔵が

すくってくれた金魚の名づけが

面白かったですね(#^^#)

 

吟蔵が取ってくれた金魚だから

「金蔵」だとはなかなかセンスが良いと

思いました(笑)

 

付き合ってから、初デートかと思いましたが

吟蔵が理緒のところに行く途中に

仲間と会ってしまい、皆で桃狩りに

行くことになりましたね。

 

楽しいけれど、2人が良かったと

理緒が打ち明けると、吟蔵がわざと

帰りのバスに乗りませんでした。

 

こういう流れみーちゃんは大好きです。

2人きりで、次のバスを待つのも

素敵な時間ですよね!

 

これからは夏休みが終わるカウントダウンが

ますます、つらいでしょうね。

2人でたくさん良い思い出を作って

欲しいと思いました。

 

なにより、吟蔵も自分の将来について

諦めず、考えてみてほしいです。

人生は1回きりなので、後悔がないよう

やりたいことにも向き合ってほしいです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧