りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

影野だって青春したい 34話 光永と影野のお付き合い

2016.08.14

3 comments

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

別フレ2016年9月号の

影野だって青春したいの34話の感想と

ネタバレを書いていきますね。

 

 

33話では、影野は不破(ふわ)さんと

仲良くなろうと頑張って、不破さんに

認めてもらい友達になりましたね。

 

 

影野と不破さんはすごく仲良くなり

不破さんは服飾系の専門学校に行きたくて

自分で服を作っているというので

影野は見に来ました。

 

不破さんは今、作っている服を

影野に作り方を教えます。

 

手先が器用な影野は時間を忘れて

不破さんもびっくりするほどの

出来上がりです。

 

 

影野の作った洋服はきれいすぎますね。

 

影野も不破さんと同じく服関係の

専門学校に進んだ方がいいのかなぁって

思いました。

 

 

時間のことを思い出した影野は

時計を見ると22時近くになっています。

 

不破さんは影野に何度か時間は大丈夫なのか

聞きましたが、影野は真剣すぎて聞こえて

いませんでした。

 

家に帰ろうとする影野に、不破さんは

彼氏にむかえに来てもらったらいいと

提案しますが、影野は光永に迷惑を

かけたくありません。

 

すると不破さんはこの辺はガラ悪い人が

いるときがあると教えると、影野は光永に

連絡して、コンビニまでむかえに来て

もらいました。

 

光永は影野が待っているコンビニまで

歩いて10分もかかりました。

 

光永は、影野と不破さんで何をしていたのか

質問すると、お洋服を作るのを手伝っていたと

影野は言います。

 

光永は不破さんがお洋服関係のお仕事に

就きたいことを言い当てます。

 

3人で笑っていると、警察の人が声をかけ

真ん中にいる影野は中学生かと思われて

しまいます。

 

 

影野は服を作るのに夢中になるとは

思いませんでしたね。

 

しかも時間を忘れるほどの集中ぶりです。

 

光永はせっかく影野をむかえに来たのに

警察に注意を受けてしまいましたね。

 

高校生が22時過ぎにコンビニいただけで

警察が声をかけるのはひどいですよね。

 

 

学校で、津崎先生は、不破さん、影野、光永に

特進クラスでは警察に声をかけられたのは

前代未聞だとイラだっています。

 

警察の人は確認しただけだと言いますが、

学校に連絡する必要はないですよね。

 

津崎先生は塾ならまだいいと言っていますが、

補導されなければ問題なかったということ

ですよね。

 

そのあとに何をしていたのか聞き、

影野と不破さんは服を作っていたことを

説明しようとすると、あなたたちには

聞いてないと言います。

 

それなら先に光永を名指しして

何をしていたのか聞くべきです。

 

何も答えられない光永に、津崎先生は

教師になりたいならお付き合いするお友達を

選ばないといけないのではないかと言います。

 

光永は強気で津崎先生に、付き合う相手は

自分で決めることを伝え、謝って部屋から

出ていきます。

 

津崎先生は光永の態度が気に入りません。

 

津崎先生と一緒にいた先生は

校内では影野と光永が付き合っていることは

有名だと教えます。

 

津崎先生は光永が大事な時期に

恋愛をしているのが気に入らない様子。

 

 

津崎先生は影野と不破さんに言うことが

ないなら光永一人だけ部屋に呼び出せば

よかったのにと思いました。

 

影野が不安がりかわいそうです。

 

不破さんも彼氏を呼んだらいいと言ったので

気になって仕方がないと思います。

 

 

影野は光永をコンビニまで呼び出したことを

謝ると、光永は影野は気にする必要なないと

言います。

 

光永に迷惑をかけてしまった影野は

落ち込みながら廊下を歩いていると

津崎先生に影野に、あなたは光永の足を

引っ張っていることがわからないのか

言います。

 

ガーンとショックを受ける影野。

 

津崎先生は光永が影野と付き合っていると

教師になれなく落第ばかりして浪人してしまうと

告げます。

 

 

影野は思い立って屋上に光永を

呼び出します。

 

そして影野はガクガクふるえながら

光永と距離をおこうとしていることを

言うと、津崎先生に何か言われたのかと

光永は言うのでドキッとする影野。

 

光永は、影野はそれでいいのか聞き、

嫌だと言う影野は光永の進路を邪魔

したくないと言います。

 

 

それにしても津崎先生は影野に

ひどいことを言ってしまいましたよね。

 

津崎先生は何かたくらみがあるのでしょうか。

 

 

校長先生は津崎先生が頑張っているとほめます。

 

津崎先生は校長先生に教頭試験の推薦ことに

ついて話そうとすると、光永は津崎先生に

影野と付き合っていることが受験にひびくとは

思わないことを言います。

 

津崎先生は光永の前回の全国模試が

志望校がB判定だったので、来月は

A判定取らなければ影野と付き合うのを

やめていただくと言います。

 

光永はA判定を取ったら付き合うことを

認めてもらえるのかと、影野がいるから

頑張れることを証明すると津崎先生と

約束します。

 

 

津崎先生はもしかして教頭試験と

光永の志望校について何か関係ある

のではないでしょうか。

 

それとも津崎先生の過去に何か

あったのでしょうか。

 

 

光永は津崎先生に話したことを

影野に説明します。

 

すると影野は私にできることはないかと

聞くので、光永はしばらく会えないからと

言って影野をぎゅっと抱きしめます。

 

 

影野は赤らめて心臓がバクバクしている姿が

かわいいです。

 

 

それから影野は休み時間もなしで勉強し

お昼の弁当も買いに行こうとしません。

 

影野は人を通じて光永にお弁当を

渡してもらいます。

 

 

光永の全国模試の日、講談駅に光永が行くと

影野がいました。

 

影野はパンダのお守りを光永に渡そうと

思って、渡そうとすると、通りがかりの人が

影野にドンッとぶつかりお守りがコロコロ

転がっていきます。

 

影野は拾いに行くと、人込みに押し寄せられて

特急列車に乗るつもりがないのに、

無理やり乗せられてしまいます。

 

光永は影野を電車から降ろそうとすると

影野は遅刻をするのでわたしのことはいいと

言いますが、光永は影野の手を引っ張ったときには

一緒に電車に乗り込んでしまいます。

 

特急列車は終点まで止まらなく

約40分後の到着の予定です。

 

 

それから急いで光永は学校に行きますが、

すでに2教科終わったことを不破さんが

教えます。

 

影野は模試を受けなおしできるのか

不破さんに聞いてみると、無理だと

言います。

 

影野は津崎先生に誤りに行くと

そこには光永がいて、これが本物の試験

だったら落第だと言う津崎先生。

 

津崎先生は約束した通り、影野と

別れなさいと告げます。

 

影野は光永が悪くないと津崎先生に

説明すると、模試に遅刻したのは

影野が関わっていたことがわかり、

これ以上、光永に関わるのをやめなさいと

言います。

 

 

下校のとき、影野は光永が来るのを

待っていました。

 

光永はまだチャンスはあると言いますが、

影野はお願いがあると光永に言いましたね。

 

 

影野は光永にお守りを渡すのを

駅じゃなくて学校に渡せばよかったんですよね。

 

いつも光永は影野に優しくて良いですね。

 

影野は光永にお願いすることは

光永は受け入れてくれるのでしょうか。

 

 

りょうとは違ったことを感じた方、

または共感したことをコメントに

書いてほしいです。

コメントお待ちしています。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • きき♡
    • 2016年 8月 28日

    りょうさんこんにちは☆

    今回は影野さんも光永くんもすごく可哀想でしたね…

    先生が別れなさいとかいう権利ないのにって

    読みながらモヤモヤしてしまいました。

    影野さんは小さいので中学生と間違われてしまったのですね。

    学校に連絡が行くなんて厳しすぎると思いました。

    それに、中学生も塾などで22時に外にいることは

    よくありますし…

    模試をA判定とるつもりで頑張っていたのに、不運にも

    電車に乗ってしまうことになり模試を受けることが

    できない教科が出てしまったのはすごく

    切ないですね。

    先生がなんだかムカつくので、ぎゃふんといわせるような

    流れになってほしいです…(>_<)

      • Ryou
      • 2016年 8月 28日

      きき♡さん、こんにちは。

      感想を書いていただきありがとうございます。

      りょうも影野と光永はかわいそうに
      感じました。

      小学生ならまだ学校に連絡するっていうのは
      なんとなくわかる気もしますが、高校生なのに
      学校に連絡する必要がないですよね。

      りょうも先生の態度が嫌な感じがしました。

    • chima
    • 2017年 1月 03日

    今回は、不破さんの家で
    一緒に服を作って影野は
    楽しそうだったのに
    後の展開が
    最悪でしたね(@_@)

    警察も注意だけなら
    学校に知らせる必要は
    なかったと警察に
    腹が立ちました。

    学校で3人が呼び出されても
    注意を受けたのは
    光永君だけだったし…

    しかも影野はお守りを
    落として
    光永君と電車に乗るハメになって
    光永君は模試試験に
    遅刻して
    又、津崎先生に厳しく
    注意されてしまうし…

    なんだか悪いことが
    重なってしまいましたね。

    津崎先生が光永君に
    なぜ厳しいのか
    気になりますが
    いつか明らかに
    なるのでしょうか?

    影野にいつも優しい光永君に
    影野は、お願い事が
    あるようですが
    光永君が
    受け入れてくれるのか
    私も気になります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧