みせコドの原作と映画の違い10個すべてを解説!

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

Sho-Comiに連載していた

水波風南先生の少女漫画

みせコド(未成年だけどコドモじゃない)の

原作漫画とノベライズ本の映画の違いを

紹介したいと思います(#^^#)

 

みーちゃんは、ノベライズ本の映画の感想

書いていますが、もちろんあらすじをすべて

書いているわけではありません。

 

やはり、実際に映画館に行く楽しみも

必要だと思うからです♪

映画に行く前に期待が高まるように

ざっくりと紹介していますよ。

 

原作漫画とノベライズ本の映画の違いで

目についたのは10か所あります。

今から解説していきますね。

 

①ケーキをつぶさない

 

16歳の誕生日のエピソードで

原作と違ったのは、ケーキを叩き潰して

作り直させなかったことくらいでしょうか。

 

でも食べ物を投げつけるという

シーンがあったので、似たようなものですね。

ウエディングドレスをサプライズという

エピソードは、きっときれいなんだろうな♪

実写でぜひ見たいと思いました。

 

結婚相手の写真を見せられて

初恋の人だったというのは

香琳の絵本とほぼ同じ内容ですね。

みーちゃんも憧れます!

 

②大家さんが登場

 

原作漫画に大家さんは登場

しません。

ノベライズでは、怖い顔の大家さんが

出てくるそうなので、楽しみです(^_-)-☆

色々香琳を助けてくれることも

ありそうですね。

 

③生活費は10万に変更

 

生活費が20万ではなく10万なのですね。

原作では20万でしたが、さすがに

多すぎる感じがしていたので

ノベライズ本の10万に納得です!

香琳が作った得体のしれない料理は意外に

美味しかったようですが、残金700円に…

 

10万入った袋を1食の食費だ

勘違いしてほぼ使い切っている香琳。

もやしが1100円とかすごいですよね(笑)

 

実家に行くけど、残金700円でやると

言い張った二人がすごいです

原作では、お金を借りていたので

そこも違うと思いました。

 

 

④学校に電車で行く

 

学校に行くのに6時間もかかっていたのには

びっくりですよね。

原作では、徒歩10分の設定でした。

でも、ノベライズでは電車に乗って

通うことになっています。

初日は、朝も昼も食べず、夜遅くまで

歩いていたなんて本当に可哀想です。

 

なかなか帰ることができなくて、しかも

お腹すいたと言うと、香琳がふざけていると

思って怒った尚でしたが、事情を聴き色々

生活のことを教えてくれるようになりました。

 

結婚したとはいえ、本当に何にもできない

お嬢様の相手は疲れるでしょうね(#^^#)

 

香琳は何でもできるように

なって好きにさせると意気込んでいる

ところが可愛かったです。

 

カップラーメンや牛丼で感動したり

電車の乗り方を教えてもらったり

本当に新しい生活になったのですね。

 

 

⑤ゴメン記念パーティ

 

香琳の実家では、香琳が「ごめんなさい」と

言えるように成長したので

ゴメン記念パーティをすると言います。

このように、なんでも記念パーティに

するのは、原作にはなかった場面ですね。

過保護っぷりがすごいです(笑)

 

 

⑥安い素うどんを食べる

リンリンに香琳の生活がおかしいと

ばれたのは、学食の70円の素うどんを

尚と一緒に食べていたからでした。

 

結婚していると疑われたわけではなく

実家が倒産したと思っている様子。

リンリンと仲良さげな姿を見て

尚はなにか、気になった様子でした。

 

原作では、尚と一緒に暮らすアパートに

リンリンが来て、香琳をくすぐって

問い詰めるシーンがありましたよ。

みーちゃんは、この部分は原作のほうが

面白いと思いました♪

 

 

⑦元カノと会ったのはハワイではない

 

原作では、ハワイに旅行中に登場しましたが…

なんと学校で、元カノの沙綾が出現しました。

香琳が、家に帰って嫉妬から

ヒステリックに尚を問い詰めます。

 

そして香琳と沙綾の対決が原作以上に

面白かったです!

金目当てだと沙綾に忠告され、別れろと

言われますが、お金がある人がない人に

あげても構わないのではないかという

あっけらかんとした香琳。

 

しかも、顔目当てだとののしられても

「お金目当てと顔目当て♪なんかいい感じ」

と明るく去っていく香琳が最高でした。

 

やり返すとかそういうことでもなく

心からポジティブなのですよね(#^^#)

それに、尚の顔を見ていると幸せな

気持ちになると言い切る香琳に

尚は癒されたようです。

 

今まで顔がいい父親に似ていることで

あんまり自分の顔が好きではなかった

のかもしれませんね。

 

尚の母親は顔がいいだけの男と結婚して

借金と浮気に苦しみ、尚にあたっていました。

大きな音がすると、びくっとして

母親のトラウマに苦しまされる尚。

 

だからこそ、顔が良くて寄ってくる女子に

心を開くことはなかったのかもしれません。

 

 

 

⑧リンリンは頭がいい

 

原作では、リンリンも香琳と同じで

勘でテストを受けていました。

なので、赤点が香琳より少し

少ない程度でした。

ノベライズでは、リンリンはかなり

頭がいいという設定に変更になっています。

 

⑨離婚歴の抹消について

 

原作では、リンリンが香琳の離婚歴を

抹消できるから、別れろと尚に言います。

さすがにこの部分はカットされて

いましたね(#^^#)

当然、そんなことはできませんし…♪

 

⑩止まったのは電気

 

尚は、電気が止められたから

実家に戻るように、香琳に伝えています。

しかし、原作ではシャワーが水しか

出なくなったと言っていました。

どちらも、尚のついた嘘でしたが…

 

 

…ということで、10個の違いについて

解説をしていきました。

そのほかにも違いはあると思いますが

ご自身の目でしっかりチェックして

見てくださいね(#^^#)

 

みーちゃんの書いた部分も注意して

見比べていただくと、おもしろいと

思いますよ♪

 

エピソードは、原作と大きくは

変わりませんが、上手に変更して

まとめているなぁ~と感じた部分は

たくさんありました。

 

さすが、編集や脚本などの工夫で

さらに素敵な映画に仕上がっているのだと

感じた内容でしたよ。

 

みーちゃんは、みせコドの映画を

ぜひ観に行きたいと思っています!

見どころなどは、またその時に

お伝えしていきますね(^_-)-☆

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)