りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

ラブファントム 4話 ももだけに本気になった長谷さん

スポンサーリンク

こんにちは。
りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

みつきかこ先生の少女漫画

プチコミック2015年4月号

「 ラブファントム 4話 」の感想をメインにして

ネタバレも含めて書きます。

1巻には1話~5話が収納されています。

 

3話では、長谷さんはももの部屋に訪れて

首に隠せないようなキスマークを付けて

いましたね。

 

一線を越えたのかと思ったら、まだ

キスだけの関係のようです。

店長と長谷さんは昔からの知り合いのようで

ももとのことを詮索してきましたね。

 

お互いに、相手をからかうようなやり取りから

長谷さんと店長は、まるで男同士のようだと

みーちゃんは思ってしまいました。

 

ももの家を長谷さんに教えたのも

長谷さんがどんな人間なのか、店長が

よく知っているからだったんだな~

みーちゃんは納得しました(#^^#)

 

そして、店長がぽろっと言った言葉が

意味深でしたね。

普段は、女性の部屋に上がることがないと

いう長谷さんの恋愛事情さえも、店長は

把握しているとは…

 

ももの部屋にあがっていると言うことは

本気なのだと確信したようです。

 

そういえば、ももと長谷さんはすでに

交際していますが、「付き合おう」とか

そういうやりとりはなかったですよね。

 

自然な流れで恋人になってしまった

感じですね。

ももも、ちゃんと長谷さんに好きだと

言っていないので、改めて長谷さんに

抱き着いて、告白します。

 

遊びに来ても、いつも帰ってしまう長谷さんに

泊ってほしくて、ももは抱きついて伝えますが

それは、男女の一線をこえるということ…

 

なんだか、盛り上がってきて

みーちゃんはわくわくしましたが、

タイミング悪く、大家さんが部屋に

訪れました。

 

 

良いところだったのに…と、みーちゃんは

少し残念な気持ちですが、スムーズに

話が進まないところも、もどかしくて

期待が高まり、面白いですね(#^^#)

 

長谷さんは、あんなに可愛いももを

目の前に、まだ手を出してしないなんて

すごく大人の余裕があるのですね~!

 

もし、私がももの立場だったら

私に魅力が足りないのかな…と

悩んでしまいそうです(笑)

 

次回は、さらにラブラブな展開に

なるのでしょうか?

とっても楽しみです!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧