りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

神木兄弟おことわり 最終回24話 神木くんは色葉を名前呼びする

2017.07.13

2 comments

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

別フレ2017年8月号(7月13日発売)の

神木兄弟おことわりの最終回24話の

感想とネタバレを書きます。

 

 

みーちゃんとりょうは、

24話予想を書きました。

 

みーちゃんの予想
神木兄弟おことわり 最終回24話予想 親子でダブル結婚式!

りょうの予想
神木兄弟おことわり 最終話24話予想 色葉は神木兄弟お断りと言う

 

 

23話では、紫郎さんは神木くんに

変な態度を取り、色葉は困っていたので

恵子さんは娘の色葉を連れて神木家から

出ていきましたね。

 

神木くんの言う通り、連休の間だけ

出て行ったならいいのですが…。

 

神木くんは色葉とすれ違いのままで

終わらせるのではなく、色葉が一番大事だと

伝えて説得してほしいです。

 

紫郎さんも神木くんと色葉の交際を

認めてほしいです。

 

 

 

ネタバレ & 感想

 

最初のページに神木くんと色葉が

見つめ合って2人とも照れ合っている姿に

きゅんとしたりょうです。

 

しかも手を添えているのもきゅんとします。

 

 

色葉はお祭りで、神木くんがわたしのことを

好きと言ってくれたのはうれしいけど、

寮に生活すると神木くんが言ったときは

距離感を感じていて、それが涙を流したいくらい

さみしい気持ちです。

 

神木くんは、橘さんと呼んで、色葉は後ろを

振り向くと、息を切らした神木くんがいました。

 

神木くんの姿を見て、色葉は何でここにいるのか

聞きたいのですが、聞けません。

 

 

色葉の顔ににふれようとする神木くんですが、

色葉は説教されるのかと思って、神木くんと

顔を合わせようとしません。

 

 

神木くんを避けようと思って色葉は

サンダルを履いているので歩いて

振りきようとします。

 

色葉のお母さんの恵子さんは

フランクフルトを買いに行ったので

恵子さんは近くにいません。

 

お母さんに呼ばれたからと思っている

色葉ですが、神木くんは本当は違う

言いたいのです。

 

でも、色葉は一方的に話して

どうしても神木くんをさけようとします。

 

 

というか色葉は神木くんと話をしたくない

とか言っておきながらきちんと会話を

しているところが天然でかわいいですね。

 

神木くんは色葉に大声で声をかけて

すぐに後ろを振り向いた色葉はとっさに

神木くんの声だということに気付いたのがすごいと

りょうは思います。

 

恵子さんはフランクフルトを買いに

行っているなら色葉はその場を離れず、

そこにいないとダメだと思います。

 

多分、地元ではありませんので

土地感がないとその場から離れると

恵子さんは色葉を探すのが大変な目に

合ってしまいますよね。

 

 

 

色葉は神木くんの前から立ち去ろうとすると

神木くんは後ろから手をつかんで、

色葉と何度も名前で呼びします。

 

名前呼びされた色葉は、顔を真っ赤にして

何で今そんな呼び方をしたのか聞こうとすると、

神木くんは行かないでと言って色葉をハグします。

 

でも、そのあとに、色葉を引き離して

こんな行動は子供がすることだと言います。

 

でも、色葉はわたしたちはまだ子供だよ

言い、神木くんは何も言えません。

 

 

神木くんの考えが変わったのか探りを

入れるために、色葉は、神木くんは私のことを

どうしたいのか聞きたいと言います。

 

真面目に神木くんは寂しいから色葉と

離れたくないと言い、そんな神木くんを

色葉は同じ気持ちなので、色葉から神木くんに

飛びついてハグをします。

 

そして神木くんに顎クイをして、

逆にキスをされます。

 

キスした後は2人ともニコニコしている姿が

きゅんきゅんするりょうです。

 

 

いつもは天然の色葉なのに、まだ子供だと言う

考えをするのがいつもとは違う感じですね。

 

りょうの予想通り、神木くんは色葉と

名前呼びしましたね。

 

色葉も神木くんに続いて、そうちゃんと

名前で言ってほしかったです。

 

 

 

誰もいないところのベンチに座り

色葉と神木くんは手を握り合います。

 

恵子さんはどこまでフランクフルトを

買いに行っているのかわかりませんが、

色葉がいないとなるとびっくりするかも

しれませんね。

 

でも事前に神木くんが色葉と一緒にいると

メッセージを送っているかもしれません。

 

 

色葉に、写真じゃなくて一緒にさくらんぼ狩り

したかったと言ってしまい、神木くんは

コソコソするつもりが口を滑らせてしまいましたね。

 

でも、色葉も本当は神木くんと一緒に

さくらんぼ狩りをしたかったのだと言えて

良かったです。

 

口を滑らせたことが恥ずかしい神木くんですが、

そんな自分が嫌な気分になります。

 

色葉は正直、カッコつけたいだけだと思いますが、

わたしはうれしいと言い、神木くんはムカッと

していまいます。

 

 

神木くんは父の紫郎さんに何て説明をしようかと

つぶやくと、色葉が考え付いた結果は、

紫郎さんは神木くんに出ていってほしいとは

思ってないと言います。

 

理由が気になる神木くんに、色葉は、

紫郎さんは神木くんに対しては厳しい面もあるけど、

わたしは紫郎さんといるときは優しい目つきに

安心感があってお父さんって感じがすると言います。

 

そんな色葉の言葉に、神木くんは意味深だと

答えます。

でも色葉は誤魔化して今、言った意味を

説明しようとしません。

 

今、色葉はすごいことを言った感じがする

りょうです。

みーちゃんの予想通り、神木くんと結婚して

紫郎さんにお父さんになってもらいたい

言っているようなものだと思いました。

 

 

恵子さんと橙次郎くんは、偶然なのか

同時に来て、恵子さんは本当に神木くんが

来ていることに焦っていましたね。

 

ベンチに座っている2人の表情を見ると

2人とも笑っているので、恵子さんは

自分の家に帰ろうと決めます。

 

 

朝なのかお昼なのか日中に、

紫郎さんにどうするのか決まったのか

聞かれます。

 

紫郎さんは鋭い目つきをしています。

 

神木くんは寮に入るのはやめておき、

その理由は、色葉といい加減な気持ちで

付き合ってないと認めてもらうため…

あとは自分の家で父さんと恵子さんに

見守ってもらいたいと言います。

 

そして父さんの思惑を裏切らないから

お願いしますと言い、紫郎さんは

色葉ちゃんにそれでいいのか確かめます。

 

色葉は微笑みながらはいと答えるので

紫郎さんはこういう家族もいいのじゃないかと

恵子さんに聞きます。

 

なんと恵子さんは、紫郎さんが2人の交際を

意図的に反対したことを見抜いてしまったのです。

 

紫郎さんは恵子さんはすぐに2人の交際を

認めたのが気に入らなかったのですね。

 

本当に橙次郎くんの言う通り

何でそんなことをしたのかと聞き、

紫郎さんは2人の覚悟が知りたかったと

誤魔化します。

 

 

恵子さんが紫郎さんのウソを見抜いた時の

表情が怖かったですね。

 

色葉はお母さんが紫郎さんの気持ちを

知っていたからこそ、色葉を連れて

神木家から出て行ったのですね。

 

それがわかってりょうは安心しました。

 

 

色葉は神木家に籍を入れても

学校の関係で苗字は変えられないのですね。

 

色葉は橙次郎くんの身長が伸びたことを

指摘してあげて優しいです。

 

 

橙次郎くんは城戸さんとセリナさんの

3人で遊びに行って、一兄に負けたくない

くらいの仲間を築きたいと言って面白いです。

 

 

学校で、女の子は色葉に、神木くんの

頼みごとを話しかけられ、色葉は断り切れません。

 

 

先生は、神木くんのおかげで色葉の

点数が上がってきていることを

褒めていましたね。

 

でも色葉はテストの解答欄に1個ずつ

解答するところがズレていたのを

聞くと、やっぱり色葉は天然ですね。

 

 

下校のとき、傘を持って神木くんは

色葉に楽しそうな理由を聞くと、

色葉はウキウキしながら神木くんは

わたしがいないとダメだなぁと思っている

言います。

 

その言葉が気に入らなかったのか

神木くんはそれは橘さんの方だろ

ムキになりながらもテレながら言います。

 

せっかく色葉と名前呼びしたのに

いつの間にかまた橘さんと苗字呼びに

変わってしまいましたね。

 

 

神木くんは色葉から離れようと思って

速足で下校していき、色葉はもっとゆっくり

歩いてよと大声を出しますが、神木くんは

止まろうとしないので、色葉は神木くんの

身体をつかみます。

 

何かある度に答え合わせをしていこう

神木くんは今後もずっと思っているのでした。

 

 

結末の最後でもっときゅんとする出来事が

起きてほしかったです。

 

 

 

6巻の発売は8月10日(木)に決定いたしました。

 

りょうは9月号で、番外編を見たいと

最終回がわかった時点で考えていて

それが叶ったのか、本当に9月号で

カラー付きの番外編が掲載されますね。

 

9月号に全員プレゼント情報があるということですが、

神木兄弟おことわりに関するプレゼントなら

すごくうれしいですよね。

 

何のプレゼントなのか楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • きき♡
    • 2017年 7月 15日

    私も神木兄弟おことわりの最終回

    読みましたよー!

    色葉の浴衣姿が可愛くて

    萌えまくりでした!

    説得しに来たとおもって逃げる

    色葉が可愛かったです。

    りょうさんの予想通り「色葉」と

    名前で呼びましたね!

    色葉の目がぐるぐるになっていて

    可愛かったです!

    「行かないで」って神木くんが

    言えたので良かったと思いました。

    「寂しいから離れたくない」って

    正直に言う神木くんにも

    萌えましたー!

    恵子さんは、わざと反対をしていると

    父の行動の意味を分かって

    いたとは、さすがです。

    人には役割があるって弁解

    している父可愛いなあ~

    覚悟があるか見たかったという

    父の気持ちもわかりますね!

    ふわついた一時的な気持ちだと

    認めることはできませんよね。

    弟が、セリナや城戸くんと

    「打倒!一兄に負けないぞ団」

    結成だと言ってるけど

    ちょっと意味が分からなかったなー(苦笑)

    でも、学年が違うけど仲良くして

    くれる城戸くんやセリナは優しいですね。

    身長も伸びているみたいだし、弟も

    新しい出会いとかもたくさんあるでしょうね

    そこそこイケメンだと思うので

    きっとモテるだろうな~

    性格も、弟のほうが人懐っこいですよね

    最終回は、日常が続いていく

    描写だったので、安定感がありましたね。

    • Angel Heart
    • 2017年 7月 16日

    りょうさんhelloです*:。✡*

    Angelです(,,ơvơ,,)♡・*:。✡*

    神木くん終わっちゃいましたね♡

    りょうさんの予想を読んでいて

    「神木兄弟おことわり」って

    色葉が言ったら面白いな~と

    思っていました(∩´∀`)∩☆

    番外編が9月号にあるなら

    すごく楽しみです(*´▽`)ノ•*¨*•.¸¸♪

    Angelは、色葉がぽや~んと

    しているところが好きだったな♡

    友達でも神木兄弟好きな人がいて

    映画化とかしたらいいのにねって

    話していました*:。✡*

    せっかく色葉と名前呼びしたのに

    いつの間にかまた橘さんと苗字呼びに

    変わってたのが、Angelも残念!

    神木くんはわたしがいないとダメだなぁと

    言ったシーン可愛かったですよね♡

    「寂しいから離れたくない」なんて

    言ってしまった神木くんに対して

    色葉は少し、余裕ができたんだろうなあ♡

    2人の距離がぐんと縮まりましたよね♡

    色葉のおっちょこちょいは変わらないけど

    学力もついてきたようだし

    お付き合いは良い影響を与えて

    いるのだなあと思うと嬉しいです☆彡

    これから、違う大学に行くことに

    なると思いますし(つд⊂)☆

    一緒の学生生活を満喫してほしいです

    色葉は可愛いし神木くんはかっこいいので

    2人の子供は絶対に美少女か美男子ですよね♡

    2人の子供がめっちゃ見てみたいな~と

    思うAngelでした(*´▽`)ノ•*¨*•.¸¸♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧