りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

神木兄弟おことわり 23話 色葉は神木家から出て行く

2017.06.13

3 comments

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

別フレ2017年7月号(6月13日発売)の

神木兄弟おことわりの23話の感想と

ネタバレを書いていきますね。

 

 

22話では、神木くんの弟の橙次郎くんは

色葉に本気の告白をしましたね。

 

24話で最終回ということにりょうは

びっくりしています。

できれば神木くんも色葉も3年生の卒業式まで

読みたいと思っていました。

 

色葉と神木くんの2人きりのデートが

見れないまま最終回を迎えてしまうなら

寂しいです。

 

 

 

23話感想 & ネタバレ

 

神木くんはお父さんに色葉と付き合っている

ことを話すけど、色葉は何もしなくても

いいと言われます。

 

色葉はこの神木くんの言葉の意味が

わかりません。

 

りょうも色葉と同じく神木くんが

色葉は口出ししなくてもいいという

意味がよくわかりません。

 

 

次の日になり、神木くんのお父さんの紫郎さんと

色葉のお母さんの恵子さんに、色葉と付き合っている

ことを話しましたね。

 

橙次郎くんのその話を聞いています。

 

紫郎さんは2人が付き合っていることが

信じられません。

 

神木くんは、お父さんと恵子さんに裏切ることに

なるかもしれないけど、交際を認めてほしいと

お願いをします。

 

 

恵子さんは笑顔で、ありがとうとお礼を言ってから

2人で決めたならいいのじゃないかと言い、

神木くんも色葉もホッとします。

 

でも恵子さんは紫郎さんにも

2人の交際はいいのか確かめると

紫郎さんは笑顔ですが、2人の交際を反対

しました。

 

その言葉に、橙次郎くんと色葉は

焦っています。

その割に神木くんは焦ってないように

感じるりょうです。

 

せっかく神木くんは紫郎さんに勇気を持って

付き合っていることを認めてほしいと言ったのに

反対されるのは残念ですね。

 

 

紫郎さんはみんなで家族になりたいので

すぐにでも別れなさいと言います。

そして後から悩むのはお前たちだと言いました。

 

神木くんは紫郎に、そんなことを気にするのは

お父さんらしくないと言い、紫郎さんも神木くんに

お前らしくない、非常識だとか、冷静さを忘れている

などと言われ、口喧嘩になってしまいました。

 

神木くんは必死の思いで、男女が一緒に生活を

すると、どうなるか予想がつくでしょと言い返し、

それに対して紫郎さんも一緒に生活しなかったら

恋仲にならなかったのではないかと言います。

 

そんな2人のケンカを色葉は止めようと

考えます。

 

 

でもりょうは思うには色葉はかわいいと思うので

神木くんと色葉が出会っていれば、住むところが

違っていても恋仲になっていたと思います。

 

 

色葉はケンカをどうやってケンカを

止めようかと考えていると、

神木くんは、お父さんが交際を認めないことも

予期していたと言います。

 

そこで神木くんが考え出した決断とは、

受験が終わるまで色葉と別々に生活するために

学生寮に入ろうと考えていると話します。

 

神木くんは一緒に生活してないなら

普通のカップルと同じ条件で、誰にも迷惑が

かからないと言います。

 

色葉に別々に暮らそうと思っていることを

隠していたことをゴメンと謝りましたね。

 

神木くんは色葉とは違うところで

暮らすことが最善策(さいぜんさく)だと言い、

色葉は最善策かどうかはまだ検討もつきません。

 

 

紫郎さんは別々に暮らすなら悪くない、

色葉と付き合いだした神木くんに責任があると

言い、色葉も私に責任があると言いたいようですが、

神木くんに色葉は悪くないと言われてしました。

 

 

神木くんは前の日に、色葉は何も言わなくても

いいと言っていたのは、紫郎さんに交際を認めて

もらえなかったときに、色葉と離れて暮らすことを

考えていたからなのですね。

 

でもりょうとしては紫郎さんや恵子さんに

直接、言う前に色葉にも相談してほしかったです。

 

 

 

紫郎さんに、寮の生活費はどうするのか

聞かれ、神木くんは特待生なので免除される

説明します。

 

 

というか紫郎さんは神木くんのことを

考えているなら特待生だということを

わかっていてもおかしくはないですよね?

 

神木くんが話さなければ特待生だと

いうことに気が付かなかったのかも

しれませんね。

 

 

色葉は神木くんの言葉が信じられなくて

呆然としています。

でも色葉はどういう言葉をかけたらいいのか

わかりません。

 

 

恵子さんは、紫郎さんに、私と色葉に

時間が欲しいと言って、軽装の荷物を持って

冷静になるまでしばらく離れると言います。

 

そのときの恵子さんが紫郎さんを見る

目つきが怖いです。

 

出て行こうとする色葉に、神木くんは

声をかけようとすると、逆に色葉は神木くんに

寮の話を相談してくれなかったのかと言います。

 

神木くんは寮の話は、お父さんに賛成してもらうための

最後のやり方で、覚悟があるということが必要だと思う

と説明しますが、色葉はそんな説明を聞きたいわけじゃない

と言います。

 

神木くんは言葉が出ないほど、

色葉に納得のいく説明ができないのですね。

 

結局、神木くんと色葉は見つめ合ったまま

2人は何も話さないまま、色葉と恵子さんは

神木家から出ていきましたね。

 

 

りょうも色葉と同じで神木くんは

もっと納得のいく説明がしてほしかったです。

 

 

家出だと思う橙次郎くんですが、

神木くんは連休の間だけ出かけるだけ

だと思っています。

 

でも神木くんが出ていこうと思ったのに

まさか色葉と恵子さんが出て行くとは

思っていなかったのですよね。

 

あとお父さんを交渉すれば色葉も納得

してくれると思っていたようですが、

違うということに後悔してしまいます。

 

 

色葉はお母さんに付き合っていたことを

内緒にしていたことや家出したことを

ゴメンねと謝りますが、恵子さんは神木くんは

逆に付き合っていることがうれしい

感じているようで良かったです。

 

でもまさか新幹線に乗って出かけて

しまうとは想像外でした。

 

 

色葉は神木くんと離れること、

恵子さんは紫郎さんと離れることは

本当に良いのか疑問に思いますが、

恵子さんは時間が経ったり、離れるのが

一番だと言ってくれるのが色葉は

うれしいのですね。

 

神木くんは色葉のことを考えてくれるのは

良いけど、1人で寮に暮らすと決めるのは

嫌なのですね。

 

 

恵子さんはLINEで神木くんに色葉は

大分、落ち着いてきたというメッセージと

色葉の写真付きで送ります。

 

写真のバックの物を見て橙次郎くんは

東海道新幹線に乗ったと予想して

色葉を探しにいきます。

 

でも本当は神木くんは色葉に電話を

かけたいと考えていますが、

色葉の寂しい顔を思い出して

電話をかけることができません。

 

 

13時50分ごろ、色葉が写っていた写真の

場所に着きますが、もうすでに色葉は

いません。

 

また恵子さんから色葉の写真が送られてきて

橙次郎くんは東山農園のさくらんぼ狩りだと

予想します。

 

でも東山農園に着きますが、色葉はいません。

 

 

LINEで恵子さんから写真が送られてきて

やっぱり近くにいることがわかります。

 

でも神木くんは色葉に会ってから

話し合いをしようと考えますが、色葉が納得するように言える

方法がないかとか、誰にも迷惑をかけないで付き合う方法が

ないのか神木くんは考えます。

 

そこで思い出したのが色葉は神木くんの

真面目な気持ちが好きだということです。

 

 

橙次郎くんは、兄の神木くんに寮に入る

ということは2年で、そのあとは家に帰って

来るのか聞くと、神木くんが考えていたことは

もし、大学に入れば自分の家に帰ることはない

思っていたのですね。

 

神木くんは真面目な気持ちを色葉に

言おうと考えます。

 

 

りょうも色葉は神木くんの素直なところが

好きなのだと思います。

隠し事をしているなら嫌な感じですよね。

 

 

夜、神木くんは色葉と後姿が似ている女の子の

腕をつかみますが、振り向くと色葉でない

別の女の子でした。

 

神木くんは間違えてしまったことが

恥ずかしいのですね。

落ち着ていられないから間違えてしまうのですよね。

 

 

今日は七夕ということが忘れていたようですが、

色葉はいつの間にか浴衣に着替えています。

 

願い事に、家族みんなが健康で暮らしたいと

途中まで書こうとしますが、色葉の本当の願いは

神木くんと一緒に生活をしながら付き合う

ことですよね?

 

花火が上がり、神木くんは色葉のことを考え、

色葉は神木くんのことを考え、2人とも

一緒にいたいと感じます。

 

 

20時3分に神木くんのスマホに

色葉が花火を観ている写真が送られてきました。

でも、もうスマホの電池の残量が少ないのが

りょうは気になります。

 

 

橙次郎くんは花火の上がる方向に色葉が

いると予想して、神木くんと走っていきます。

 

そして神木くんは色葉の名前を呼ぶのでした。

 

 

すれ違いの色葉と神木くんを見ているのが

りょうはつらいです。

最終回で、すれ違いがなくなってほしいです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • Angel Heart
    • 2017年 6月 13日

    おはようございまーす(,,ơvơ,,)♡・*:。✡*

    もう別フレ読まれたのですね!

    すごく早いです~(*´▽`)ノ•*¨*•.¸¸♪

    でも、神木くんの漫画が気になって

    いたので、早く内容を知ることができて

    すごくうれしいな~♡

    りょうさんありがとうございます*:。✡*

    24話で終わりなのですか?

    そこに一番驚いてしまいました(つд⊂)エーン

    皆に付き合っていることも公開したし

    これからいろいろな出来事があるのかな~って

    思って楽しみにしていたので残念です(つд⊂)

    Angelも卒業まで見たかったです!

    なんだか不完全燃焼な感じですね!

    父親につきあっていることを話しのに

    色葉は何もしなくて良いと

    言われてしまったのですね*:。✡*

    お母さんは、笑顔で2人で決めて良いと

    言ってくれてよかったです!

    でも、お父さんが反対するとは・・・驚きました。

    しかも、笑いながら反対するなんて怖すぎます!

    でも、お父さんの言い分はちょっと

    ひどいとAngelは感じましたヽ(`Д´)ノプンプン

    両親が結婚したのは、親の都合で・・・

    一緒に暮らしていたら好きになってしまったことを

    認めないなんて・・・親のエゴだと感じました。

    子供だって感情があるし、なによりも

    そんなに家族の関係が大事だと

    言うのならば、再婚なんてしなければ

    良かったともいますヽ(`Д´)ノ

    (もう籍は、いれていましたっけ?)

    そして、神木くんは寮に入り、別々に

    暮らそうと思っていたのですね。

    家族が結局バラバラに暮らすなら

    父親の言う「家族」って何なのでしょうか。

    お母さんが、色葉と一緒に家を出る

    なら、交際の話は言わずにいたほうが

    良かったのかな…(つд⊂)うーん。

    ちゃんと素直に正直に交際を伝えたのに

    受け入れてくれないなんて、腑に落ちません。

    • きき♡
    • 2017年 6月 13日

    今日10時に本屋さんが開くので

    別マ別フレを買いに行くのを

    ワクワクしていました♪

    りょうさんは、もう読まれたのですね!

    まず、タイトルに驚きました!

    色葉が神木くんの家から出て行った?

    どういうことだ?と思って読み始めましたよー!

    かなり衝撃的な展開になってきましたね。

    いきなり、交際を認めてくれないなら

    寮に入ると言うなんて、色葉もショックだと

    思います!

    りょうさんが言うように、先に色葉とも

    話しておくべきでしたよね。

    なんでも、自分で決めてしまって

    神木くんは、独断過ぎると思います。

    色葉に相談していたら、親には言わないと

    言ったのではないかな・・・

    神木くんが寮に入るなら、言わないほうが

    ましだと、色葉は考える気がします。

    恵子さんは、紫郎さんを説得してくれ

    ないでしょうか?

    色葉を連れて、家を出てしまうとは

    どういう考えなのでしょうか?

    恵子さんは、子供たちの考えを尊重したいので

    紫郎さんにたてつく気なのかな?

    色葉のお母さんは、子供の気持ちが

    ちゃんとわかる人で、少し安心しました。

    東海道新幹線に乗ったと予想して

    色葉を探しにいくなんてロマンチック!

    しかも、サクランボ狩りの場所にもいくとは!

    こんなに会えずにすれ違うなら

    電話して、さっさと合流してほしいです。

    読んでいてモヤモヤしてしまいました。

    まるでロミオとジュリエットですね。

    私も、読むのがますます楽しみになりました。

    色葉の浴衣姿も見るのが楽しみです

    • chima
    • 2017年 6月 21日

    こんばんは!

    色葉と神木くんの交際を神木くんのお父さんは
    反対していましたが、神木くんは最善策で
    学生寮に入ると言ってもお父さんと
    揉めていたので、色葉とお母さんは
    神木家を出ました。

    お母さんは、時間と距離を置くのが
    一番と色葉思いのステキなお母さんです。

    橙次郎くんと神木くんが写メを見て
    色葉たちの後を追いかけて
    神木くんが落ち着きをなくしていました。

    神木くんと色葉の思いは
    「一緒にいたい」
    だけなんですよね。

    神木くんは、最初の頃から見ると
    本当に性格が変わってきて
    素直な男の子になったと思います。

    色葉のお母さんが、神木くんに
    ときどき写メを送っていて
    可愛いお母さんでイイなぁと思いました。

    果たして神木くんと色葉は
    会えるのでしょうか?

    神木くんが寮に入るのか
    お父さんは、最終的には賛成してくれるのか
    次回が、楽しみです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧