りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

黒崎くんの言いなりになんてならない 27話 芽衣子、由宇に逆上する

2016.04.13

7 comments

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

別フレ2016年5月号の

黒崎くんの言いなりになんてならないの

27話で感じたことをネタバレも含めて

書いていきますね。

 

最新の30話をアップしました。

黒崎くんの言いなりになんてならない 30話 中学校でピアノ奏者する黒崎くん

 

前回は、文化祭のテーマの

仮装で黒崎くんの衣装担当が

由宇になり、採寸しているところに

黒崎くんに頭をさわられていましたね。

 

りょうは27話の予想を書きましたので

良かったら、こちらの方も見てくださいね。

 

 

黒崎くんは優しく由宇の頭を

さわって、何かと思ったら

黒崎くんは由宇の額(ひたい)に

ある傷を見つけてしまいましたね。

 

黒崎くんは昔にできた傷なのか

聞いて、何も言わない由宇は

急になんなのと思う気持ちわかる

感じがします。

 

 

由宇はなんと、パパとママが

お花見をしていたときに

小さい頃、三輪車で坂を下ったら、

ブレーキができずに木に頭をぶつけた

というのです。

 

りょうも小さい頃、近所で

自転車を乗って勢いよく坂を下って

人を避けきれずにブレーキしないまま

木にぶつかってしまったことが

あります。

 

なので由宇の痛かった気持ちが

すごくわかるのです。

 

 

由宇は黒崎くんがずっと傷口を

見ているかと思っていたけど

黒崎くんの顔を見ると、ニヤけた

黒崎くんと目が合った由宇。

 

ドジすぎると言われて由宇は

顔を赤らめてドキンッとして

黒崎くんと視線が合ったのに

学校のキーンコーン・・・となり

残念でしたね。

 

由宇は胸囲を測れないまま

黒崎くんは上着を持って

由宇にこれだけわかっていれば

十分だから絶対に完成させろと

命令して音楽室を出ていきましたね。

 

黒崎くんは自分で採寸表を

書いたのにはビックリです。

 

せっかく黒崎くんと由宇が

良い雰囲気だったのにチャイムが

邪魔してしまい、ガッカリした

りょうです。

 

 

黒崎くんは上着を着ないで

シャツ姿で音楽室から出ると

女の子からはキャーという喜びの

声があり、芽衣子は黒崎くんを

見つめていましたね。

 

 

黒崎くんは自分の胸囲を知っているなら

最初から教えてほしいという由宇の

気持ちわかりますね。

 

黒あくまと思ってしまうのも

無理ないと思います。

 

由宇は黒崎くんに優しく触れられたのは

初めて顔を真っ赤にしながら音楽室から

出ると、芽衣子が待っていて、黒崎くんと

何かあったのか聞かれる由宇。

 

由宇は焦りながらも首を横に振る。

 

突然、芽衣子は由宇に黒崎くんのことが

好きなのか聞かれ、由宇は違うと言いたいが、

芽衣子には由宇が最近、様子がおかしいのは

気付いていたのだ。

 

芽衣子は、私が先に黒崎くんを好きと

言ったから、ずっと黙っているのかと

由宇に聞く。

 

由宇は勇気を出して、友達と同じ人を

好きになったとは言えなかった

と言ったのにはりょうは感動しました。

 

そして由宇は芽衣子を応援しようと

思っていることを話すと、芽衣子にその話を

聞いたら友達ではなくなると思ったのか

聞かれ、由宇は何も答えられない。

 

その後に芽衣子が怒って『バカ由宇っ』と

言ったのにはひどすぎます。

 

 

でも芽衣子の気持ちも考えると

何で由宇は本当の気持ちを話して

くれないんだろうと思ってしまいますよね。

 

本当の友達なら由宇から先に

黒崎くんのことが好きと伝えるべき

だったかもしれません。

 

 

由宇は下校して寮に帰り、

白河くんのおかえりという言葉を

スルーして、よそ見をしていた由宇は

黒崎くんにもたれかかり、ボーッと

してんじゃねぇと言われ、素直に

頭を下げてすいませんと謝る由宇。

 

その由宇の姿が気になる黒崎くん。

 

 

由宇は部屋に行き、初めて怒った芽衣子の

ことを思い出し、最低だと思ってしまう由宇。

 

 

 

 

1年D組の文化祭の準備を放課後に

することになった。

 

男子はアスレチック作り、

女子は衣装・小物系作り。

 

 

タラコちゃんは家に帰ろうとすると

女の子から来栖(くるす)さん帰るのか

聞かれる。

(来栖さんとはタラコちゃんのことです)

 

女の子はタラコちゃんに家庭科が

得意なら手伝ってと誘うが、タラコちゃんは

用事があるから早く帰りたいと思っている。

 

梶くんは彼女を守りたくて手伝うと

言うが、裁縫(さいほう)ができるのか

聞かれ、今から習うという梶くんに

女の子に笑われてしまう。

 

 

梶くんは学校の倉庫にあった

宣伝用の着ぐるみを借りてきて

黒崎くんに見せようと頑張る。

 

女の子は芽衣子に、たくさんゴミが

入った重いごみ箱を捨ててくるように

頼む。

 

由宇は今日の朝から一度も芽衣子と

話をしていなかったので、芽衣子に

手伝うと声をかけるが、いいと断られ、

由宇はかわいそうです。

 

 

由宇はボーッとしていると

黒崎くんに着ぐるみを頭から

かぶせられ、ヨロけながらも

かぶったまま宣伝をしてこいと

命令される由宇。

 

由宇は黒崎くんの衣装を作りたいのに

着ぐるみをかぶる気分ではなかった。

 

由宇の心の声が黒崎くんに届いたのか

黒崎くんに俺用の生地が届いてないから

と言われ納得する由宇。

 

その際に黒崎くんに

シケた面を見ると気分が悪いと

言われ、嫌々ながらも由宇は

着ぐるみを着ることを了解する。

 

由宇は梶くんも一緒にと誘うが

逆に梶くんに胴体の着ぐるみも

つけてほしいと言われ、落ち込む由宇。

 

由宇は黒悪魔めと思うが、

由宇の頭からも悪魔の角が

立ち上がる。

(黒い三角の角です)

 

 

由宇は全身着ぐるみを着て

「文化祭 D組は黒崎くん祭り!!」

と書かれたプラカードを持っていると

女の子に追いかけ回されて由宇は

かわいそうです。

 

由宇は逃げ回っていると

ゴミを捨てに行く芽衣子と会う。

 

芽衣子は着ぐるみを着ているのが

梶くんだと思って、かわいい、

宣伝頑張ってねと笑顔を見せ、

由宇はじーんとしてうれしい。

 

廊下で白河くんは女の子に

試着してほしいと追いかけられ

着ぐるみを着た由宇が白河くんを

見えないようにする。

 

由宇と白河くんは外に出て

ゴミを捨てに行く芽衣子を

見つめる由宇。

 

 

白河くんは着ぐるみを着ているのが

由宇だということがわかり、芽衣子ちゃんと

何かあったのか聞く。

 

由宇は黒崎くんのことを好きなのを

黙っているのが友達だと思っていたけど

芽衣子にわかってしまい、傷つけたことを

白河くんに話しました。

 

白河くんは友達なら本音を言わない方がいい、

言ったら自分が傷つくとアドバイスすると

由宇は黒崎くんとケンカしたことはないのか

聞く。

 

白河くんは、黒崎くんとケンカしたら

元に戻れなくなると思っているのだった。

 

そんな由宇の様子を芽衣子がそっと

見つめる。

 

白河くんは、由宇に明日には

黒じゃなくて僕を好きになるから

大丈夫と言って、由宇の着ぐるみの頭を

脱がせると、由宇は涙を浮かばせ

悲しそうな顔を見てしまう白河くん。

 

由宇は泣きながら、芽衣子と仲直りが

無理なのかなぁと言うと、白河くんは

由宇の頭をポンポンと撫でる姿を見て

白河くんってやっぱり優しいなぁと

思ったりょうです。

 

 

由宇は高校の入学式のことを

思い出していた。

 

由宇の初めての友達は芽衣子

だったのだ。

 

下駄箱の前に男子がいて

芽衣子は上履きを取れなくて

困っていた。

 

由宇はさっき会ったロン毛男子(黒崎くん)

より怖くないと思って、そこをのいて

くれないかと注意する。

 

芽衣子は何も言わずに立ち去るように

走って行く。

 

由宇はしょんぼりしながら

おせっかいだったかなと考えながら

教室に行き、席に座ろうとすると

後ろの席には芽衣子が座っていて

ばったり会ってしまった。

 

由宇は同じクラスということを知り

話しかけない方がいいと思ったその時、

芽衣子からさっきはありがとう、

逃げてごめんねと謝り、自己紹介をして

仲良くなったのだ。

そのときに、来栖タカコちゃんが

タラコちゃんと呼んでほしいと

タラコちゃんとも仲良くなった。

 

由宇と芽衣子が仲良くなった

きっかけが知れて良かったです。

由宇は知らない男子に声をかけて

度胸があるなぁと思いました。

 

 

体育館でアスレチックを作り

黒崎くんは脚立の一番上に座り

男子にアスレチックを登らせるが、

男子全滅でグッタリしている。

 

梶くんもアスレチック登りに

挑戦したが、体力の限界で力尽きて

いたので芽衣子に登ってくれないか

お願いをした。

 

芽衣子は運動神経がないのでムリだと

断ると、梶くんはテストで、黒崎くんが

待っているからと言い、芽衣子は余計に

ムリだと断る。

 

 

そこへ着ぐるみを着た由宇が挙手をする。

 

梶くんは助かると言い、芽衣子は

着ぐるみを着ていたのが、梶くん

じゃなかったと知った。

 

梶くんは中の人は誰なのか

言おうとすると、由宇に口を

ふさがれる。

由宇は芽衣子にバレたら

また嫌われると思ったのだ。

 

バレなくて良かったと思った

由宇だが、黒崎くんは赤羽、登るなら

さっさと行けと言われてしまう。

 

名前を呼ばれたくなかった由宇は

着ぐるみを脱ぎながらわざとだと

思った。

 

由宇はせっかく芽衣子のために

アスレチックを頑張ろうと挙手したのに

黒崎くんのせいで名前がバレてしまい

由宇としてはガッカリですね。

 

でもどうせ着ぐるみを脱ぐなら

誰なのかバレてしまうので、

バレるのが早いか遅いかの違いですよね。

 

そういう意味では黒崎くんは

優しいですよね。

 

 

着ぐるみを脱いでアスレチックに

挑戦する由宇。

 

白河くんも丁度、体育館の様子を

見に来ます。

 

アスレチックの下にマットは

あるとはいえ、高いところは苦手な由宇。

 

白河くんや芽衣子に見つめられ

アスレチックに登って行く由宇は

自分で、バカ由宇と考えてしまう。

 

由宇はバカじゃないと思うりょうです。

芽衣子のために体を張って頑張るのは

すごいと思います。

 

 

黒崎くんは脚立の上に乗り、

由宇を監視して、端を持つな、

中央に寄れとアドバイスをする。

 

由宇は黒崎くんが元気なら

黒崎くんが登ればいいと思っていた。

 

 

黒崎くんは由宇に、芦川からコソコソ

していて情けねぇなと言い、由宇は

自分でも情けないと思っていたのだ。

でもまた嫌われなくないという気持ちもある。

 

黒崎くんは由宇に、ビビっていたら

お前らしくねぇ、逃げてんじゃねぇよ

と言い、由宇の心にぐさりとつきささる。

 

由宇は油断してアスレチックの穴に

足が絡まってしまう。

 

芽衣子は、『由宇、大丈夫?』と言い

由宇は芽衣子と出会ったころのことを

思い出した。

 

由宇は言い訳して逃げていたけど、

今は正直に全部話そうと思っていると

言ったその瞬間、アスレチックから

体ごと由宇が落ちていきそうになる。

 

白河くんは、由宇ちゃんと大声を出す。

 

 

下にマットがあるとはいえ

由宇はそのまま下に落ちてほしくないです。

 

他にも書きたいことはありますが、

28話の予想のところで書きますね。

 

 

りょうの感想と共感できた方は

コメントを残していただけると

うれしく思います。

 

りょうと違う感想を感じた方も

どのように思ったのかを書いて

ほしいです。

りょうと違った意見も聞きたいです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • きき♡
    • 2016年 4月 13日

    りょうさんこんにちは♪

    楽しみにしていた27話ですが、今回はちょっと

    切なかったですね(>__<)

      • Ryou
      • 2016年 4月 13日

      きき♡さんこんにちは♪
      いつもコメントありがとうございます。

      りょうも読んでいて由宇と同じように(別の意味だけど)涙が浮かんできましたよ。

    • きき♡
    • 2016年 4月 13日

    あれ?途中でコメントが切れてしまいました)

    めいこと由宇がケンカしてしまったのがとても

    胸が痛いです。

    どちらも悪くないのになって思ってしまいます。

    あと、今回は黒崎くんがとっても優しくて

    近づいた感じがしてきゅんとしました。

    由宇がアスレチックから落ちないと良いですね!

    どきどきハラハラしています(>_<)

    • angel✡heart
    • 2016年 4月 13日

    横から失礼します✧*。

    ききさんと同じく、今回は切ないなって思って読みました。けっこう学生時代あるあるですよね。

    私も芽衣子とゆうと同じように、同じ人を好きになったことがあって……めちゃくちゃ感情移入して見ちゃいますもん。

    結構恋愛と友情で悩みますよね​(。>ㅅ<。)

      • きき♡
      • 2016年 4月 13日

      angel✡heartさん初めまして♡

      そうそうそう!!
      本当に学生のころって必ず、こういう問題起こりましたよね!

      特に女子って恋愛のことが一番、日常の話題になるじゃないですか?

      それなのに、好きな人が一緒だと どうしてもネガティブな感情が
      出てきてしまうので友情にひびが入ってしまうというか。

      共感しながら読んでいる女子は多いんじゃないのかな~って思います。
      話しかけて下さりありがとうございました♡

        • angel✡heart
        • 2016年 4月 13日

        ききさん、さっそくお返事ありがとうございます•*¨*•.¸¸♪✧

        ホント、見るからにゆうちゃんと、黒崎くんが仲良しなのは芽衣子も観ていて複雑だろうと思います。

        それと、どっちも性格が良いから余計に悩む。

        白河くんもゆうちゃんのこと、好きだし今後どうなっていくのか、のめり込んで読んでいます(´。•ㅅ•。`)

        こちらこそ、ありがとうございました˖✧°˖◝(❁´∀`❁)◜˖°✧

    • モモ
    • 2017年 3月 10日

    黒崎くんから、頭を触られて由宇はドキドキして

    顔が真っ赤になってましたね。

    黒崎くん何気に感がするどいから、由宇の気持ちが

    分かったのでは?と思いました。

    友達の芽衣子にも由宇の様子を見て、黒崎くんが

    好きなことバレちゃいましたね。

    正直に自分の気持ちを言った由宇ですが、芽衣子が

    怒っちゃうのも分かる気がするし、由宇も自分の

    気持ちを話せなかったのも分かる気がするし…、

    複雑な気持ちになりますね(´・ω・`)

    早く仲直りしてほしいです✨

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧