りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

ラブファントム 26話 どうしようか困るもも

スポンサーリンク

こんにちは(*^_^*)りょうです。

 

プチコミック2017年2月号の

ラブファントムの26話の感想を

ネタバレも含めて書きますね。

 

 

25話では、ももと長谷さんは

初詣に行くと、ももの職場にいる

木村店長にばったりと会ってしまいましたね。

 

 

りょうは26話の予想をしました。

ラブファントム 26話予想 ももは本命チョコを長谷さんに渡す

 

 

今日で、ももと長谷さんの

正月休みが終わり、次の日から仕事が

始まると思うと長谷さんは辛いのですね。

 

正月休みの間はももをハグした心地が

良いと言うと、ももは涙を浮かべながら

「長谷さん、それは…」と言うと、

長谷さんは「慧」と呼べと言うので

ももは慧さんと言います。

 

ももはなんで涙を浮かべているのか

気になりますね。

 

 

いつの間にか長谷さんはももと下の名前で

呼んでいることに胸キュンしたりょうです。

 

 

 

2月のカレンダーを見ているももは

どうしようか悩みます。

 

ももはカフェのランチ休憩で小食なので

同僚の女性に食べるのが少ないことを

言われてしまいます。

 

小食になった理由は、お正月休みに

食べ過ぎたからだと説明します。

 

ももがお昼に食べていたのは

レモンの砂糖漬けです。

 

同僚は、食べてすぐに寝てしまったら

体がたるむという悪循環だと言い、

ももは焦ります。

 

 

レモンの砂糖漬けしか食べないと

心配ですね。

お腹がすくと余計に夜に食べ過ぎたり

してしまうことになりますよね。

 

 

同僚はももの場合、彼氏と食べて寝てを

繰り返して太ったのではないかと言い、

ももは本当のことなので言い返すことが

できなくテレてしまいましたね。

 

そこにこんにちはと声をかけたのは

長谷さんでした。

 

長谷さんは出勤してきたばかりなので

まだメガネはかけていません。

 

そんな長谷さんをももが見て

ドキッとします。

 

長谷さんはお正月の休み明けということで

濃いコーヒーのエスプレッソダブルを

注文します。

 

長谷さんは休み明けはいろいろと

怖いといいましたね。

 

でも長谷さんの怖いものは21話

言っていたもものことですよね?

 

 

女性の同僚は、長谷さんにももが

お正月に彼氏と過ごして食欲がないことを

教えましたね。

そんな長谷さんはもものことが

気になるようです。

 

でも同僚が長谷さんにももの体調が

都合悪いことを教えなければ長谷さんは

ももが都合悪いことはもっと後に知っていた

ことになりますよね。

 

 

コーヒーを買った長谷さんは笑顔で

かわいい平沢さんをのろけさせた

彼氏に会ってみたいと言い、

長谷さんは誰にもももが彼女だと

教えたくない気持ちが伝わってきますね。

 

そういう長谷さんをももはすごいなぁと

思ってドキドキしてしまいます。

 

 

同僚に、長谷さんにかわいいとか

たまたまお正月休みの日が重なったとか

全く関係ないけどムカつくとももに言って

ももはまだ付き合っているという関係が

バレてない切なさがあるようでしたが、

バレたらバレたで困ることがあるような

感じもします。

 

 

長谷さんは夜勤から帰って来て

お風呂上りにももの朝食を見ると

梅干しが4つだということに驚いていましたね。

 

食欲がないというももは

酸っぱいものは手軽なので食べたい

ということですが、ご飯と一緒に梅干しを

食べるということはできなかったのでしょうか?

 

ももは朝食や昼食は小食のようですが、

夕食は何を食べたのか気になってしまいました。

 

 

心配した長谷さんは体調を崩したのか

聞きますが、ももは焦りながら違うと

言いましたね。

ももが長谷さんに何か隠しているように

感じるりょうです。

 

 

 

ももは長谷さんをやっぱりだまして

いたのですね。

しかも勤務時間が違って長谷さんと

会えない日が続いてももは辛いのですね。

会えないのは長谷さんもショックだと

思います。

 

ももは早く解決したいと思いながら

歩いていると、口を押えながら

胃が気持ち悪くなってしまいました。

 

そこに平沢さんと声をかけたのは

長谷さんでした。

 

ももはちょうど家に帰るところで

長谷さんに声をかけられたのでした。

 

久しぶりにももと長谷さんは会う

ことができたのですね。

 

 

長谷さんは顔色が良くないと言うと

ももは体調不良なのに大丈夫だと

言ってしまいます。

 

そんなときももは体がふらふらになり

長谷さんが支えます。

 

ももと声をかけそうになりますが、

平沢さんと声をかけますが、

ももは足が引っかかっただけと

誤魔化します。

 

周りに大勢人がいますが、長谷さんは

ももに肩を組み、一人で医務室に連れて

行きます。

 

 

2人きりになり、長谷さんはオレに

隠していることはないかと聞くと、

ドキッとするももはすぐに理由を

話さないので、一旦、ももを落ち着かせる

ためにベッドに座らせます。

 

長谷さんはメガネを外し清潔感ある

髪の毛を家にいるときのようなボサボサ頭に

してスーツの上着を脱ぎます。

 

 

長谷さんは会社にいるときは

家にいるときのようなかわいい & かっこいい姿

にならいのは、今よりもモテすぎないように

女性を虫よけしているのかなぁと

りょうは今、思いました。

 

 

ももは理由は言えないと言いますが、

長谷さんはオレに気付かれないと

思ったのかと聞きます。

 

それでも話してくれないももに、

何で相談することができないのか

もう一度聞くと、ももは自己責任だから

言うことができなかったと説明します。

 

長谷さんはももにお前ひとりだけの

問題じゃないと言いますが、ももは

長谷さんと同じように食べていたけど

私だけ太ってしまったと泣いてしまいます。

それを聞いて長谷さんは沈黙してしまいましたね。

 

ももは1週間のお休みで3kgも太って

しまったのですね。

 

 

太ったことをもっと早くに長谷さんに

話してほしかったです。

無責任な男なのか勘違いした長谷さん

ですが、心配しても無理がないと

りょうは思いました。

 

 

ももは長谷さんがハグをした心地がよいと

間接的に言ったことも気にしていたようです。

 

食事制限や酸っぱい物を食べてダイエット

していたももに、長谷さんはテレながら

納得するのでした。

 

長谷さんはももの手を握り

深刻な事態じゃなくて良かった

安心します。

 

体調が回復したももは家に帰ろうとすると

オレのことを名前で呼べと言い、ももは

テレながら慧さんと言いましたね。

 

慧さんはどれだけ食べても太らないと

言っているももですが、長谷さんは太らない

ように努力していたのですね。

 

 

 

今回は長谷さんはももと名前で何回も

呼んでいい傾向だなぁと感じました。

 

でもお前と呼ぶことも数回あり

なんか意外でしたね。

 

長谷さんが名前で呼ぶことにより

ももも長谷さんのことを名前呼びが

しやすくなったと思います。

 

ももは何で2月のカレンダーを見ていたのか

気になりますね。

もしかしてお正月明けの休みをずらして

いたとかかなぁ?

 

1ページ目の「どうしましょうか」

というのは、ももが太ってしまったことを

どうしようかという意味だったのですね。

書き終えてからそう思いました。

 

最初にももは、「長谷さん、それは…」と

言いかけたのは、本当はそのときに太って

しまったことをももは言いたかったのだと

思いました。

そのときに長谷さんがそれは何か

ももに問い詰めてほしかったです。

そしてそこでももが話してしまえば

そんなに困ることもなかったかもしれませんし、

長谷さんも心配しなくて済んだかもしれませんね。

 

今回はももの笑顔が見れなくて

残念でした。

かわいいのでいつも笑っていて

ほしいです。

 

27話こそはバレンタインのお話のような

気がするので26話予想が27話になると

いいです。

 

26話予想では、27話のことも考え

少し追記しようと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧