りょうの好きなコミックの感想を書いていきます。気に入っているコミックは別マ、別フレ、プチコミック、Sho-Comiなどです。

花君と恋する私 13話 ホッとして七世を抱きしめる

2016.12.10

1件

スポンサーリンク

こんにちは。

りょうの友人のみーちゃんです(^^♪

 

「花君と恋する私 13話 」の

感想をネタバレも少し含みながら

書いていきたいと思います。

13話は4巻に収納されています。

 

 

12話では、七世の家に花君たちが

お見舞いに来てくれました。

花君の子守歌、みーちゃんも聞いて

みたかったです(#^^#)

 

 

 

そういえば、学校では前後の席なので

花君と七世は仲良しですね。

席替えをしたくないという七世の気持ち

みーちゃんもわかります。

 

七世の髪のゴムが外れて、花君が

三つ編みが崩れないように

握ったのが可愛かったです。

 

 

男子だから、女子の髪がほどけそうで

「どうしよう」って思ったの

でしょうね。

 

 

三つ編みがほどけたらもったいないという

表現も笑ってしまいました。

 

七世にしたら、すぐに三つ編みできるし

問題ないのに、焦った花君がなんだか

男の子だな~って思ってしまいました。

 

こういう描写ができるの、素敵だと

思います(#^^#)

 

それに、三つ編みがとけても大丈夫

だと知った花君が、自分の指で

七世の髪を、さらさらほぐしていたのが

カップルみたいでした!

 

 

クラスの人たち見ていましたよね!

2人は付き合っているのかと、友人が

聞いてきて、七世は動揺していましたが

みーちゃんにもラブラブに見えました。

 

 

七世は、今でも花君がこまり先生のことを

好きだと思っています。

 

 

それに、花君がちょこちょこ

こまり先生を見るのをみつけて

切なくなっていますよね。

 

花君に話があると言われても

こまり先生と仲良く話している姿を見て

声をかけることができずに

七世はひとりで帰ってしまいました。

 

こまり先生との仲を邪魔しちゃいけ

ないとか、思いますよね…

みーちゃんも七世と同じように

1人で帰ると思います。

 

 

最近、変質者が出るということで

花君が焦って七世を探していて

かっこよかったです。

 

 

七世はどこか、危なっかしいですよね。

スマホを落としていただけで

七世が無事でよかったです。

 

 

花君がホッとして、七世を抱きしめたので

かなり、ドキドキしてしまいました。

 

 

花君は、七世に何を話したいのでしょうか?

告白でしょうか?

次回が楽しみすぎます!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • モモ
    • 2017年 4月 27日

    学生時代の時の席替えって

    かなり大事ですよね。

    今の席は七世にとって花くんと

    一緒にいることができる場所なの

    で今のままでいたいって思う気持ち

    分かる気がします。

    七世が花くんから話したいことがあるって

    言われて花くんの留年のことまで想像しちゃ

    ているのには笑っちゃいました。

    モモは、花くんの行動を見てたら七世に告白

    するんじゃないかとワクワクしています。

    でも七世は良いように考えてしまって期待して

    しまって違ったらショックが大きいので

    そういう風には考えないのでしょうね。

    ついについに、次回は告白かな??

    ワクワクドキドキですね(^_-)-☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール



こんにちは(*^_^*)りょうです。

ジャンプなどの男性漫画よりも少女漫画の方が好きです。

少女漫画が好きな理由は、読んでいて胸キュンする場面が多いからです。

ちなみに写真の色白さは加工していません。

もっと詳しいプロフィールページはこちら。

カテゴリー一覧